More Meaningful Connections

配線ダクトとレースウェイは違うの?わかりやすく解説

配線ダクトはライティングレールとも呼ばれ、スポットライトなどを天井に取り付けるために使われます。配線ダクトと似たものにレースウェイがありますが、この2つはどう違うのでしょうか。配線ダクトとレースウェイの用途や違いについて解説します。

配線ダクトとは?

配線ダクトは、内部に電線を通して通電できるようにした天井に設置する設備で、ライティングレールとも呼ばれます。配線ダクトは主に照明器具を取り付けるために使う設備ですが、配線ダクト専用の小型のスピーカーも取り付け可能です。器具の取り付けや取り外しが簡単にできるので、照明のレイアウトなどを自由に変えることができます。

一般家庭用としても使えますが、ギャラリーやブティックなどの店舗の照明にも用いられます。配線ダクトは天井埋め込み型と取り付け型がありますが、取り付け型はあとから設置できるので、新しいインテリアとして広がりを見せています。

レースウェイとは?

レースウエイは、照明器具を取り付ける給電機能を持つ設備です。天井部分に照明器具を取り付けたいのに、そのままでは取り付けできない場合に用いられます。たとえば、倉庫や工場、駐車場、駅のホームなどの照明設置に使われることが多い設備です。これらの天井部分に照明器具を設置する場合、直接鉄骨部分に取り付けると、照明器具の位置が高すぎて十分な明るさが得られない場合があります。

また、照明を取り付ける場所の下に空調ダクトや配管などが通っていると、照明がさえぎられてしまいます。このような場合はレースウェイを取り付けると、ちょうどいい高さまで下げられたり、空調ダクトなどの下に照明を設置できたりします。

レースウェイは1.5m以内に1か所ずつ取り付け、使用するネジはすべて9mm以上でなければなりません。レースウェイ内部に配線を通して設置したら、蓋をして止め金で固定することも定められています。レースウェイにはさまざまな種類があり、設置場所によって合う機種を選んで取り付けます。

 

レースウェイが設置可能な場所は決まっている

レースウェイはどこでも取り付けできるわけではありません。設置場所は屋内に限られており、レースウェイを設置しても傷ついたり破損したりする恐れのない場所で、必要に応じて点検できる場所以外は施工できないことになっています。

屋内といっても屋根のある駐車場や駅のホームなど、雨風をしのげる場所であれば設置できます。レースウェイは取り付けや取り外しが可能なので、工場や倉庫などで作業内容変更により照明器具を増やしたり減らしたりする場合も臨機応変に対応可能です。

レースウェイにはさまざまな形状があり、開口部が上に向いたタイプや下に向いたタイプのほか、吊りボルト用、エルボなどがあります。照明器具を取り付ける目的でレースウェイを設置する場合は、原則として開口部を下に向けて敷設します。

レースウェイの敷設は金属線ぴ工事と呼ばれますが、開口部を上向きにすると上部に蓋をして密閉構造にしないと施工許可が下りません。つまり、開口部を上向きにすると配線設備としてしか使用できないため、照明器具を取り付けるには開口部を下向きにしないと使えないのです。

配線ダクトとレースウェイの違い

レースウェイと配線ダクトの違いをサイズ、設置場所、目的の3つです。

 

1. 幅5cm以下はレースウェイ・5cm以上が配線ダクト

幅5cm以下がレースウェイ、それ以上の幅があると配線ダクトです。

 

2. 配線ダクトは一般家庭や店舗内にも設置される

レースウェイも配線ダクトも金属線ぴ工事に含まれますが、レースウェイは主に蛍光灯などを取り付けるのに使用される設備で、取り付け場所も倉庫や工場、駐車場や駅のホームなどがほとんどです。照明器具取り付けのレイアウトの変更や移動はほとんどできません。

これに対して、配線ダクトは設置場所も一般家庭やカフェ、ブティックなどの店舗内が多いのが特徴です。配線ダクトも基本的に照明器具を設置するための設備ですが、設置する照明器具は蛍光灯ではなくスポットライトやダウンライトなどがほとんどです。

 

3. 配線ダクトは照明による雰囲気づくりが主な目的

同じ照明器具を取り付けるための設備といっても、レースウェイは蛍光灯を取り付けて明るさを確保するのが目的であるのに対して、配線ダクトは照明による雰囲気作りが主な目的になっています。

配線ダクトはレースウェイと違って、照明器具の取り付け取り外しが簡単にできるので、用途や目的に合わせて照明器具の移動・増減・照明器具の変更が可能です。また、最近では配線ダクトに取り付けることを目的としたワイヤレス型のスピーカーも発売されており、照明器具を取り付ける以外にも用途が広がっています。

 

***

配線ダクトは主に一般家庭やカフェ、ブティックなどの店舗で使われることが多く、照明器具を取り付けるほか、最近ではスピーカーも取り付けられるようになっています。レースウェイは主に倉庫や工場、駐車場、駅のホームなど、天井部分に照明器具を取り付けたくても、そのままでは取り付けできない場合に使われます。