結束バンドがDIYに大活躍!活用事例を紹介|LANケーブルと結束バンドのことなら|パンドウイット

結束バンドがDIYに大活躍!活用事例を紹介

※この記事は製品や技術にまつわるお役立ち情報=豆知識を意図しておりますことから、弊社製品以外の製品や市場一般に関する内容を含んでいることがあります

ケーブルを束ねてまとめたり、止めたりするのに便利な結束バンドですが、強度も高いためDYIにも重宝します。釘やネジなどを使わなくても物を繋げられるので、DYIの初心者の方や子供でも扱いやすいです。

今回は、結束バンドを使ったDIYを、組み合わせるアイテムごとにご紹介します。

工具不要!基本的な結束バンドの使いかた

結束バンドとは、配線や複数のケーブルなどを束ねてまとめる材料のことで、ナイロンやプラスチック製です。

基本的な使い方は、ヘッドにある穴にバンドを通して引っ張るだけで良いので、DIY初心者の方や子供でも簡単に使えます。止めるのに失敗したとしても、ヘッドにあるでっぱりを押さえながらバンドを引き抜けば簡単に外すことができるため、ハサミなどで切る必要はなく、再利用が可能です。

結束バンドのDIY活用事例

結束バンドを利用したDIYには、ワイヤーネットやすこの、つっぱり棒を使ったアイデアがあります。ここからは、それぞれのアイテム別に事例を紹介します。

 

活用方法は無限大!結束バンドとワイヤーネット

結束バンドとワイヤーネットは相性が良く、複数のワイヤーネットを繋げるだけで大きなアイテムを作ることが可能です。立方体を作ることや壁面の収納も容易に出来るため、キャスター付きの収納ボックスやペットのケージ、キッチンラックなど多彩な活用方法があります。また、ワイヤーネットは100均やホームセンターなどで購入可能です。

 

・キャスター付き収納ボックス

材料は、ワイヤーネット5枚、キャスター4個、結束バンドのみで製作できますので簡単です。

ワイヤーネット5枚を十字に並べたら一辺に対して4本の結束バンドで固定し、立体的に組み合わせて同じように一辺に対して4本の結束バンドで固定します。そして、底になる面にキャスターを結束バンドで固定すれば完成です。ランドリーボックスやおもちゃ入れ、ダンボール収納など、用途はさまざまです。

 

・ペットのケージ

材料は、ワイヤーネット、結束バンドのみで製作可能です。

ワイドなワイヤーネットを組み合わせることで、十分な広さのペットケージが完成します。

一辺に対して4本の結束バンドで固定しますが、強度に不安がある場合には多めに使用します。また、ペットの成長に合わせてサイズを変更したり、屋根を付けたりなどのリメイクやアレンジもしやすいです。

 

・狭いスペースを有効活用できるキッチンラック

材料は、取り付けたい壁のサイズに合ったワイヤーネット、結束バンドのみで製作できます。壁にワイヤーネットを固定し、フックやかごを結束バンドで取り付けたら完成です。

スペースが限られているキッチンで壁面を有効活用できれば、キッチン周りをすっきりと収納することができます。

 

・カゴのサイズに合わせたワイヤー棚

材料は、ワイヤーネット、結束バンドのみです。気に入ったカゴがあっても、カゴのサイズに合った収納棚を見つけることが難しい場合もあります。

しかし、自分の欲しい幅のワイヤーネットを組み合わせて結束バンドで固定すれば簡単に収納棚を作製することができます。新しいカゴを購入しても結束バンドを外せばすぐに組み換えることもできますので、アレンジも自在です。

 

頑丈さが魅力!結束バンドとすのこ

すのこはワイヤーネットに比べると頑丈で、重たい物でも変形を気にすることなく収納できます。すのこは100均やホームセンターでも手軽に購入でき、木目調であることから収納アイテムだけではなくインテリアとしても活用できます。

軽い素材なのでつなげるだけの棚やキッチンの壁面収納といったアレンジもしやすく、DIY初心者の方でも扱いやすいです。

 

・すのこをつなげるだけの棚

材料は、すのこ5枚、結束バンドのみで3段の棚を作製することができます。

すでに完成されているすのこを使用するため釘やネジを使うこともなく、結束バンドで止めるだけなのでノコギリやハンマー、ドライバーも必要ありません。また、ニスやペンキなどを塗って部屋の雰囲気に合わせることも可能です。

 

・すのこを使ったキッチンの壁面収納

材料は、収納したい壁のサイズに合うすのこ、結束バンド、突っ張り棒です。

すのこを突っ張り棒と結束バンドで固定して壁に設置するだけなので、簡単に壁面収納の作製ができます。また、小さなサイズのすのこを連ねて使えば壁面収納だけではなく、すのこの表情を楽しむこともでき、好きな色を塗って部屋の雰囲気に合わせることも簡単です。

 

結束バンドとつっぱり棒

突っ張り棒は、棚やキッチンボードにあるデッドスペースを有効に活用するために便利なアイテムです。また、つっぱり棒をワイヤーネットやすのこと合わせて使用すると補強にもなります。

 

・隙間スペースに収納ラック

材料は、設置したいスペースのサイズに合ったつっぱり棒、ワイヤーネット、結束バンド、フックです。結束バンドで組み立て、フックを取り付けるだけで隙間スペースにぴったりサイズの収納ラックが完成です。

 

・ワイヤーネット収納棚の補強にも

ワイヤーネットで作成したラックや棚は、重たい物を乗せると歪んでしまいます。しかし、収納アイテムの下につっぱり棒をわたすだけで補強になり、歪みを防ぐことが可能です。また、壁掛け収納の際にもつっぱり棒を使うことで固定しやすく、より多くのものを収納することが出来るようになります。

まとめ

結束バンドを使ったDIYでは釘やネジなどは使わないので、ハンマーやドライバーは必要ありません。DIYに使用する素材のワイヤーネットやすのこ、突っ張り棒は100均やホームセンターなどでも購入でき、手軽にDIYを楽しむことができます。

👉結束バンド商品一覧はこちら