More Meaningful Connections

ファイアウォールだけでは不十分? 社内ネットワークを守るUTM

ひと昔までは、ファイアウォールさえあれば社内ネットワークは十分守れると考えられていました。しかし、セキュリティ対策の脆弱性を狙うインターネット上の脅威が増加している現在では、ファイアウォールだけでは不十分かもしれません。こちらでは複合的なセキュリティ対策であるUTMについてお話します。

UTMとは?

UTM(Unified Threat Management)は、近年多くの企業で採用されているセキュリティ対策のひとつです。「総合脅威管理」という和訳からもわかるとおり、複数のセキュリティ対策を統合しています。導入には専用のハードウェアを外部ネットワークと企業ネットワークの間に介在させる方法が一般的です。

セキュリティ対策としては、ファイアウォールがかねてより普及していました。一方、ネットワーク脆弱性を狙った攻撃は日進月歩で進化を続けており、ファイアウォールだけでは防ぎきれないと考えられています。複数の検知機能を有するUTMは、ファイアウォールでは実現できない多重の防御により、社内ネットワークを強固に守るセキュリティとして広く採用されている対策です。

UTMのメリット

UTMは企業が直面している多くのセキュリティ上の課題を解決できる方法です。具体的には、以下のようなメリットがあります。

相対的に低コスト

通常であればそれぞれの脅威に対して対策を実施する必要がありますが、UTMであればひとつの対策で総合的な防御を実現できます。一つひとつ対策を実施するケースに比較すると、相対的に低コストです。

自動アップデートにより最新の脅威に対応

多くUTM機器は自動アップデートに対応しています。マルウェア、ウィルスなどインターネット上の脅威は日々改変が加えられており、高い更新性はセキュリティ対策の重要なポイントです。UTMであれば、手動でアップデートを行う手間は必要ありません。

アクセスするデバイスを問わない

UTMではれば、デバイスを問わずセキュアなネットワークにアクセスできます。パソコンだけではなく、スマートフォンやタブレットなど多彩なデバイスが採用されることが増えてきた現在の社内ネットワークには最適です。

ファイアウォールとの違い

ファイアウォールは、受信されるパケットの情報から有害性を判断するセキュリティ対策です。そのアクセスが「不正」と判断された場合は、管理者へと通報されます。

UTMはファイアウォールの機能も内包している包括的なセキュリティ対策です。他のWebフィルタリング、アンチウィルス、アンチスパムなどといったセキュリティ対策とコンビネーションで、社内ネットワークを強固に守ります。

***

ネットワークの出入り口にUTMを設置しておけば、さまざまな脅威を社内ネットワークに侵入させずに駆除できます。導入や設定は専用業者に依頼するのが一般的です。日々進化する脅威から社内ネットワークを守る方法として、UTMの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

👉セキュリティ対策に関することはこちら