LANケーブルを二股にするには?使えるアイテム紹介

LANケーブルを使ってネットワーク接続をしていると、LANケーブルを二股にできたらと感じることがあるかもしれません。

この記事では、LANケーブルを二股にする方法や役立つアイテムについてご紹介しましょう。

LANケーブルを二股にして使えるの?

結論からいえば、LANケーブルを二股、あるいはそれ以上に分岐させて使用することは可能です。

LANケーブルを二股にしたいと考えている人は、パソコンやゲーム機を増やしたためにLANケーブルがさらに必要になっているかもしれません。LANケーブルを増やしたい場合、ルータにLANポートが複数あれば増やすことが可能です。

しかし、すでにポートが使われている場合には新たな機器にLANケーブルを接続するのが難しいかもしれません。さらにルータは別の部屋にあり、LANケーブルを1本だけ他の部屋に通すことでネットワーク接続を使用している方もいます。

このようなケースでも、LANケーブルを二股にして複数のパソコンを使いたいと思うかもしれません。無線通信にするという選択肢もありますが、接続の安定性やセキュリティのことを考えると有線を希望する方も多いでしょう。

LANケーブルを二股にしたり、それ以上に分岐させたりすれば、こうした問題もすべて解決します。

LANケーブルを二股で使う方法

LANケーブルを二股にするには、もっとも簡単な方法はスイッチングハブを使う方法です。

スイッチングハブとは、LANポートを増やしたいときに利用できるアイテムです。製品の種類や価格によって、4ポートから8ポートのLANポートがついており、1つのポートにルータからのLANケーブルを挿して、他のポートから複数のパソコンへLANケーブルを分岐することが可能です。

使い方はとても簡単で、ルータとスイッチングハブをLANケーブルで接続し、スイッチングハブのLANポートから使用する機器を別のLANケーブルで接続すればよいだけです。

スイッチングハブは、通販サイトから数千円程度で購入できます。LANケーブルを二股にするために多額の費用をかける必要がないので、気軽に購入してLANケーブルを分岐させられるでしょう。

しかもスイッチングハブを使えば、LANケーブルの接続だけですぐにネットワーク接続を使用することが可能です。面倒くさい設定や作業などもほとんどないので、あまりLANケーブルやネットワークについての知識がない方でも利用可能です。

LANケーブルを二股にするためのアイテム

LANケーブルを二股にするためには、分岐のためのアイテムが必要となります。LANケーブルを分岐するのに使用するアイテムをご紹介しましょう。

 

1.スイッチングハブ(L2スイッチ)

簡単にLANケーブルを二股にできるアイテムがスイッチングハブ、もしくはL2スイッチです。

ルータからのLANケーブルをスイッチングハブに挿し込み、空いているLANポートからLANケーブルでパソコンなどに接続すれば使用可能です。比較的安価に手に入り、すぐにLANケーブルの分岐が可能なので非常に便利です。さらに、スイッチングハブにさらなる機能がついているアイテムもあります。

たとえば大量の情報を送受信することが可能なスイッチングハブや、電源ケーブルの収納に困らないようにACアダプタが本体に内蔵されている製品も販売されています。LANケーブルを含めてすっきりまとめることができるので、配線が気になる方にもぴったりです。

一方でL2スイッチとは、LANポートのグループであるVLANが利用できる製品のことです。スイッチングハブと同じ働きをしますが、ポートごとに異なるネットワークに接続できるので企業でよく用いられます。

一般家庭では通常のスイッチングハブで問題なくLANケーブルを分岐できるでしょう。

 

2.モデム兼ルータ

もしルータが2台以上あるのなら、1つのルータをLAN機能のみに使用することでスイッチングハブと同じ働きをさせることが可能です。

LANケーブルを分岐させるのに用いるルータを決め、ルータの機能をオフにします。そのまま使用すると、ルータにルータをつなぐことになってしまい、接続が突如切れる、通信速度が遅くなるといった不具合が生じます。

ルータモードからアクセスポイントモードにモード変更しておけば、こうした不具合がなくなりLANケーブルを分岐させるために使用できます。

使い方もスイッチングハブと同じで、ルータ機能を持つルータからLANケーブルでつなぎ、ルータ機能をオフにしたルータとパソコンをLANケーブルでつなぐだけです。すでに複数台のルータを持っている方は、お金をかけずにLANケーブルの分岐が行えるでしょう。

 

3.LANケーブル延長コネクタ

スイッチングハブやルータはLANケーブルを二股にし、かつ同時に使用することができる方法です。

一方でLANケーブル延長コネクタを使って、LANケーブルを分岐させることも可能です。ただしLANケーブル延長コネクタは、複数のパソコンを同時に使用できないというデメリットがあるので注意が必要です。

***

LANケーブルを二股にするのは、それほど難しい作業ではありません。スイッチングハブとLANケーブルさえあれば、誰でも簡単にLANケーブルを分岐させることができます。

ぜひスイッチングハブやルータといった専用アイテムLANケーブルを二股にし、快適にネットワーク接続を楽しみましょう。