LANケーブルの見分け方知っておきたいポイント4つ

LANケーブルを使って配線をする場合、LANケーブルの種類を見分ける必要があります。

この記事では、LANケーブルの種類の見分け方について紹介していきます。

LANケーブルの見分ける4つのポイント

LANケーブルの見分け方には、4つポイントがあります。覚えておけば、素早くLANケーブルの種類や規格カテゴリを見分けることができるでしょう。

こちらでは、LANケーブルを見分ける4つのポイントについて解説します。

 

1.カテゴリ名

もっとも分かりやすいのは、ケーブルに印字されているカテゴリ名です。

たとえば、カテゴリ5であれば「CAT.5」、カテゴリ6であれば「CAT.6」と印字されています。印字方法はさまざまですが、比較的分かりやすくカテゴリ名が印字されていることが多いので、それほど苦労せずにLANケーブルを見分けられるでしょう。

 

2.配線規格名

カテゴリ名が印字されていれば、LANケーブルを見分けるのは簡単です。

問題は、カテゴリ名が印字されていない場合でしょう。カテゴリ名が印字されていないLANケーブルでも、配線規格名は印字されている場合があるので、確認してみてください。一見すると意味が分からないアルファベットと数字の羅列ですが、ルールを知っておくとLANケーブルのカテゴリを見分けられます。

たとえば、印字されているアルファベットと数字の中に「ANSI/TIA/EIA-568-B.2」と書かれていれば、それはカテゴリ5eのLANケーブルです。他にも、カテゴリ6のLANケーブルは「ANSI/TIA/EIA-568-B.2-1」、カテゴリ7は少し変わって「ISO/IEC 11801」、カテゴリ8は「ANSI/TIA-568.C-2-1」といったようにアルファベットと数字の羅列が印字されています。

ただし、配線規格名は将来的に変わる可能性があるので、その都度インターネットで最新の配線規格名を調査した方がよいかもしれません。

 

3.通信速度

外見だけではLANケーブルのカテゴリが分からない場合、通信速度を測定して見分けるという方法も考えられます。

ただし、通信速度だけでは細かいカテゴリまでは分からず、カテゴリ5かカテゴリ5e以上かを判断できるだけです。

カテゴリ5のLANケーブルでは、通信速度は100Mbps、カテゴリ5eや6のLANケーブルの通信速度は1Gbpsです。パソコンのコントロールパネルから「ネットワークと共有センター」を選び、「ローカルエリア接続」から「速度」の部分を確認しましょう。

もし、速度の理論値が100Mbpsであればカテゴリ5、1Gbpsであればカテゴリ5eもしくはカテゴリ6のLANケーブルである可能性が高いことが分かります。

ちなみにカテゴリ7では、速度の理論値は10Gbps、カテゴリ8では40Gbpsです。ただしこの方法はパソコンでしか試せないので注意しましょう。

 

4.外観

上3つの方法を試しても、まだLANケーブルの種類が分からないのであれば、外観からある程度判断することもできます。

LANケーブルの端についているコネクタにつながっているのが、8極4芯であればカテゴリ5のLANケーブルであると考えられます。

一方、コネクタにつながっているのが8極8芯であれば、カテゴリ5e以上のLANケーブルです。さらに、ケーブル内部にデータ損失を防ぐ十字介在があれば、カテゴリ6のLANケーブルであると判断できます。

LANケーブルの見分け方の注意点

LANケーブルを見分ける際には、ケーブルを傷めてしまわないよう注意が必要です。

とくにケーブルを抜き差しするときには、LANケーブルの断線やコネクタの破損に注意しましょう。

パソコンにつないで通信速度を確認するようなケースでも、LANケーブルを無理に引っ張ったり曲げたり、重いものを載せたりしないようにすべきです。コネクタの爪の部分は、抜き差しのときに折れやすいので、慎重に扱いましょう。

さらに印字されているカテゴリ名で、LANケーブルを見分ける方法にも注意点があります。まれにですが、カテゴリ5もカテゴリ5eも同じく「CAT.5」と印字されていることがあります。

カテゴリ5とカテゴリ5eとではスペックが大きく変わるので、通信速度を測定するなどして、実際にはどちらなのかを見分ける必要があるでしょう。

LANケーブルの見分け方を知っておいたほうがいい理由

LANケーブルを正しく見分けることは、ケーブルの性能を最大限引き出すことにつながります。

もしLANケーブルが混在していれば、性能の低い方のケーブルの性能しか発揮されません。

たとえば、通信速度が100Mbpsのカテゴリ5と、1Gbpsのカテゴリ6では10倍の差がありますが、混在して使用するとカテゴリ5の通信速度でしか接続できません。LANケーブルのカテゴリを正しく見分けられれば、カテゴリ5eやカテゴリ6のLANケーブルのみを使って高速通信を楽しめるでしょう。

さらにLANケーブルを見分けられれば、交換も楽になります。もし現在カテゴリ5やカテゴリ5e、カテゴリ6を混在して使っているのであれば、カテゴリ5だけを取り除いてカテゴリ5eや6を入れることも可能です。

より快適なネットワーク環境を整えるためには、しっかりとLANケーブルを見分けることが重要といえるでしょう。

***

LANケーブルを見分けるポイントについて知っておけば、それほど苦労せずにカテゴリを見極めることができるでしょう。

LANケーブルを正しく見分けて使うようにすれば、ケーブルが持つ性能を最大限引き出すことができるはずです。

ぜひLANケーブルのカテゴリを見分け、ネットワーク構築に役立ててください。