カテゴリ6とカテゴリ5の速度差がもたらす影響まとめ

LANケーブルはネットワーク通信に必須のアイテムです。

この記事では、LANケーブルの中でも一般家庭で使用されることの多い、カテゴリ5とカテゴリ6のLANケーブルの速度差についてまとめていきます。

カテゴリ6とカテゴリ5の速度差の影響

カテゴリ6とカテゴリ5のLANケーブルでは、通信速度に大きな差が出ることがあります。

とくにカテゴリ5は最大通信速度が100Mbpsと非常に遅く、ウェブサイトの閲覧や動画の視聴にも支障が出るほどです。さらにカテゴリ5のLANケーブルを使用していると、同じネットワークを使用している機器同士のデータのやり取りやコピーが非常に遅くなります。

カテゴリ6とカテゴリ5には大きな速度差があるため、ある部分だけにカテゴリ5のLANケーブルが使われていても影響が出ます。

たとえばLANコンセントとルータの間はカテゴリ6、ルータとパソコンの間のLANケーブルがカテゴリ5である場合、体感する通信速度はカテゴリ5のものです。一部分でもスペックの低いLANケーブルが使われていると、ネットワーク全体に影響を与えるので注意しましょう。

同じカテゴリ5でも、カテゴリ5eのLANケーブルは通信速度が1Gbpsでカテゴリ6と同じです。伝送帯域に関してはカテゴリ6の方が2.5倍大きいですが、パソコンが1台しかないといった環境であればそれほど大きな影響を感じることはないでしょう。

カテゴリ6とカテゴリ5の速度差とは?

カテゴリ6とカテゴリ5には速度差がありますが、実際にはどのくらいの速度差なのでしょうか。

カテゴリ6は、オフィスなどで多くの情報量やデータを使用するときのネット利用に適している速度です。一方カテゴリ5は、通信速度がかなり遅く、快適なネット環境をつくるのは適していません。ただし価格が安価なため、実際にネットを使用してみて問題がなければカテゴリ5の使用もよいかもしれません。

このように、通信速度だけを見れば、カテゴリ6の方がカテゴリ5よりもはるかに優れていることが分かるでしょう。

カテゴリ6とカテゴリ5の速度差はなぜ起こる?

カテゴリ6とカテゴリ5には大きな速度差があることはわかりましたが、いったいなぜこのような速度差が起こるのでしょうか。

LANケーブルの速度差が起こる要因は主に通信速度と伝送帯域にあります。これらのポイントについて1つずつ見ていきましょう。

 

  1. 通信速度

LANケーブルのカテゴリ分けの基準となっているのが通信速度です。通信速度が速ければネットワーク接続がスムーズで快適なものになります。

前述したとおり、カテゴリ5と、カテゴリ5eや6ではこの通信速度に大きな違いがあります。カテゴリ5の通信速度は100Mbps、カテゴリ5eや6では通信速度が1Gbpsです。つまりカテゴリ5eや6は、カテゴリ5の10倍の通信速度に対応できるようになっているということです。

さらにカテゴリ5eや6は、現在ほとんどのパソコンが対応している「1000BASE-T」という規格に対応しているのも重要なポイントです。1000BASE-Tは1Gbpsの通信速度のLANケーブルが使用可能であるため、通信速度の遅いカテゴリ5では性能が追い付かなくなってしまうでしょう。

 

  1. 伝送帯域

続いてカテゴリ5eと6の速度差が起こる要因となるのが伝送帯域です。伝送帯域とは一度に伝達できる情報量のことで、伝送帯域が大きければ大きいほど多くの情報をやり取りできます。

カテゴリ5や5eの伝送帯域が100MHzなのに対し、カテゴリ6の伝送帯域は250MHzと2.5倍です。情報量が多くなるとカテゴリ6の方がカテゴリ5eよりもスムーズに通信できる可能性があるでしょう。

たとえとして水道管について考えてみましょう。カテゴリ5eを細い水道管、カテゴリ6をその2.5倍の太さがある太い水道管であるとします。

少しの水であれば、どちらの水道管でも水の流れる速さは同じです。しかし大量の水が流れる状態では、太い水道管の方がより多くの水を効率よく流せるのは明らかでしょう。

カテゴリ6のLANケーブルは、複数のパソコンを使っていたり、ビデオ会議のように双方向の通信を使用したりする場合に便利です。一般家庭でネットサーフィンを楽しむ程度であればカテゴリ5eで十分ですが、複数のパソコンを使ったデイトレードやオンラインゲームを行っている方の場合には、カテゴリ6を使用するとより快適でしょう。

***

通信速度と伝送帯域の影響により、カテゴリ5、5e、6それぞれのLANケーブルには速度差が生まれます。どのくらいネットワーク接続を使っているか、何台パソコンやタブレットがあるか、どのくらいの通信速度が必要かをしっかり検討してLANケーブルを選ぶ必要があります。

ぜひカテゴリ選びを賢く行い、納得いく速度を出せるようにしたいものです。