光ファイバーケーブルの断線を確認して安全に修理する方法

光ファイバーケーブルの断線を疑った場合、まずは本当に断線が原因なのかを確認してください。実際に断線が判明した場合は、自分でケーブルを交換することもできますが、専門家に修理を依頼することをおすすめします。高速通信を快適かつ安全に利用するために、光ファイバーケーブルの断線を確かめる3つの方法と、安全に修理する方法、また断線の主な原因をご紹介します。

光ファイバーケーブルの断線を確認する方法

光回線のインターネットが利用できなくなるケースはさまざまですが、電源などの確認後、断線を疑うこともあるでしょう。こちらでは、不具合の原因が「光ファイバーケーブルの断線なのか」「どの箇所に起こっているのか」を確認する2つの手順をご説明いたします。

 

1.   光回線終端装置(ONU)の光回線ランプを確認する

不具合の原因を確かめる最も簡単な方法は、光回線終端装置(ONU)を確認することです。光回線終端装置(ONU)の光回線ランプが消えている場合は、光信号を受け取れていません。

その場合、光ファイバーケーブルが断線しているか、外の設備に故障が起こっているケースが考えられます。接続不良の可能性もあるため、まずはケーブルの抜き差しを試してもよいでしょう。

 

2. ファイバーチェッカーを利用する

光ファイバーケーブルの断線を修理する方法

光ファイバーケーブルの断線を修理する方法は、専門家に依頼するか、もしくは自分でケーブルを交換するかの2つです。こちらでは、それぞれの手順について簡単にご紹介いたします。

 

契約しているプロバイダに連絡をする

光ファイバーケーブルの断線の修理は、契約しているプロバイダによっては、無償で対応してくれる場合があります。まずはプロバイダに相談することをおすすめします。

専門業者が短時間で訪問してくれる場合もありますから、自分で修理をするよりも安全かつ効率的でしょう。

自分でケーブルを交換する場合でも、プロバイダへの相談は必要です。修理を依頼した場合の所要時間や料金を聞いてみましょう。

 

自分で光ファイバーケーブルを交換する

光ファイバーケーブルの断線が自宅内に引き込まれたものであった場合、まずは契約しているプロバイダに相談して、交換してもよいかを聞きましょう。

光ファイバーケーブルは家電量販店やインターネット通販で購入することができます。コンセントなどの配線と同じ要領で、断線した部分を自分で交換して修理することができます。

プロバイダのレンタル品などの周辺機器を傷つけないように、十分注意して作業しましょう。

光ファイバーケーブルの断線の原因

光ファイバーケーブルがなぜ断線してしまうのか知っておけば、日頃から断線しないために何に注意すべきか分かります。そこで、光ファイバーケーブルの断線に考えられる原因をご紹介いたします。

 

外部からの衝撃

光ファイバーケーブルに何らかの衝撃が加わって断線するケースです。光ファイバーケーブルは、細いガラス素材でできているため、衝撃によって折れてしまう場合があります。体や物が引っかからないように工夫したほうが良いでしょう。

ケーブル自体が圧迫されている、無理な方向に折り曲げられている場合にも、折れやすくなってしまいますので、注意してください。

 

風や地震などの自然災害や、火災

屋外に設置してある光ファイバーケーブルが、災害や火災でダメージを受け、断線する場合があります。地震や台風のあとに利用を再開するときは、異常がないか十分に注意しましょう。

 

動物による損傷

屋内、屋外にかかわらず、動物がかじる、ひっかくなどした場合に断線に繋がるケースです。動物を飼っている場合、ペットの導線上に配線しないようにするか、ペットが通れないようにしておくなどの工夫が必要でしょう。

 

光回線を引き込んでいる電柱への衝撃

頻度は少ないのですが、光回線を引き込んでいる電柱に衝撃が加わることで、断線してしまう場合もあります。大きな自然災害や事故などで電柱が衝撃を受け、接続している光ファイバーケーブルにもダメージを受けてしまうケースです。

***

光ファイバーケーブルの断線が考えられる場合の修理は、専門家に任せたほうが安全です。ファイバーチェッカーを利用すれば断線や断線箇所は確認できますが、原因によっては修理や交換に危険が伴う場合もあります。また、不用意に断線を繰り返さないためにも、原因究明は重要です。高速通信を快適かつ安全に利用するためにも、断線が疑わしい場合、自己判断は控えましょう。まずはプロバイダに連絡して、専門家に相談してみましょう。