More Meaningful Connections

モジュラージャック接続についての3つの基礎知識と選び方

電話線やインターネット回線の接続に欠かせない「モジュラージャック」。詳しくは分からないけれど、名前だけは知っているという方も多いのではないでしょうか。

ここではモジュラージャックとはどのようなものなのかを紹介し、ジャックに差し込むモジュラープラグの違いやモジュラージャックの接続方法についても紹介します。

モジュラージャックとはアルミなどでできた接続材料

LANケーブルの接続ポートである「モジュラージャック」は、アルミなどの材質でできた配線の接続材料のこと。一般家庭であれば、コンセントの差し込み口の隣に「LAN」などと書かれた穴が空いている場合がありますが、ここがモジュラージャックと呼ばれる部分です。

電話線などの信号線を接続する際に使われる端子が「モジュラープラグ」であるのに対し、その受け口になるものがモジュラージャックです。埋め込みタイプ・露出タイプ・収納タイプなど、使用する環境に合わせて形状を選ぶことができます。

電話やネットワーク接続のために使われるほか、一つのモジュラージャックで複数の配線に対応できるものも。住宅内はもちろん、オフィスや店舗、公共機関などさまざまな場所で使われます。モジュラージャックが取り付けられているケーブルは「モジュラーケーブル」と呼ばれ、こちらは6極2芯と8極8芯の2タイプに分かれます。

モジュラージャックの接続には専用の工具を用意しておく

モジュラージャックの成端には、モジュラージャックとそれに合うワイヤーキャップを用意し、製品の取扱説明書にしたがって導線を通していきます。 成端には専用の工具が必要になりますので、製品の説明書を確認するようにしましょう。また、仕様性能を満たすために、必ず施工ガイドラインに沿って施工を行わなければなりません。

モジュラージャックはLANケーブルとの互換性をチェック

モジュラージャックを選ぶときは、LANケーブルの芯線のタイプと合うものでなければなりません。LANケーブルの芯線は単線と撚り線の2種類に分けられ、芯線の種類によってコネクタの形状が変わってきます。

モジュラージャックにはいくつかの規格が存在しています。LANケーブルの接続に用いられるコネクタの形状は「RJ-45」と呼ばれ、電話回線に使われる「RJ-11」もあります。

モジュラージャックは重要なパーツの一つ

モジュラージャックの取り替えは個人でも可能ですが、専用の圧着工具が必要です。重要なパーツの一つですから、取り替えや新規での接続(成端)の際には必ず部品の取扱説明書を確認してください。

***

モジュラージャックは、LANケーブルの芯線とタイプが合わなければならないので、交換前には必ずチェックする必要があります。モジュラージャックが劣化してきたなと思ったら、自分で交換をしてみましょう。

👉モジュラージャック商品の一覧はこちら