LANケーブルの接続を確実にするモジュラージャック

ご家庭やオフィスの壁に特殊な形状の穴を見つけたことはないでしょうか。それらは、電話線の接続などに使用される「モジュラージャック」です。こちらでは、モジュラージャックの概要や種類についてお話します。

モジュラージャックとは?

モジュラージャックとは、ケーブルの接続に使用される端子です。電話線やLANケーブルなどを接続するために用いられています。特徴は、抜け落ち防止の機構が施されている点です。プラグに搭載されたプラスチック製のツメが、意図しない抜け落ちを防ぎます。

現在、ほとんどの電話線にはモジュラージャック、およびモジュラープラグが採用されています。かつては、壁から突き出た電話線をそのまま電話に接続する方式でした。モジュラージャックの登場により、適宜さまざまな長さのケーブルを付け替えることが可能となり、屋内配線が容易になっています。

RJ11とRJ45

現在、一般的に使用されているモジュラージャックの企画は「RJ(Registered Jack)型」です。中でも、「RJ11」と「RJ45」は、オフィスや一般家庭など環境を問わず広く使用されています。

RJ11は2本の通信線を使用し端子に6つのピンを搭載した「6極2芯」のケーブルジャックです。長らくアナログの電話回線で使用されていました。光回線が普及している現在でも、電話機との接続に用いられるケースがあります。

RJ45はLANケーブルの接続で用いられる、RJ11よりも一回り大きいジャックです。米連邦通信委員会が定めるRJ45は8極2芯ですが、同じ形状・サイズの8極8芯のジャックが慣例的にRJ45と呼ばれています。

特殊なモジュラープラグ

パンドウィットコーポレーションでは、さまざまなネットワーク環境の構築を想定した汎用性の高い「RJ45 かんたん成端モジュラープラグ」を展開しております。

2ピース構造を採用し、簡単な取り回しと施工を実現しました。ハウジング自体もスリムなため、限られた配線スペースを圧迫しません。上下45度にケーブルの角度を変えられる「アングル型」も用意しています。環境に応じてご利用ください。

***

モジュラージャック・プラグは現在、極めて一般的な端子となっています。LANケーブルに使用されるのは原則としてRJ45です。ツメによって抜け落ちを防止する機構は共通していますが、サイズや内部の配線には細かな違いがありますので、配線時は確認のうえ、適したケーブルをご用意ください。

👉モジュラープラグ商品に関してはこちら