有線LANと無線LANの違いや特徴とは、LANのつなぎ方についても紹介|LANケーブルと結束バンドのことなら|パンドウイット

有線LANと無線LANの違いや特徴とは、LANのつなぎ方についても紹介

※この記事は製品や技術にまつわるお役立ち情報=豆知識を意図しておりますことから、弊社製品以外の製品や市場一般に関する内容を含んでいることがあります

インターネットを端末に接続するためには、有線LANか無線LANのいずれかを利用します。そんな有線LANと無線LANにの違い、有線LANのつなぎ方をご紹介します。

有線LAN・無線LANの違いとは

まずは、有線LANと無線LANの違いを確認しましょう。

有線LANとは、LANケーブルと呼ばれる専用のケーブルを使用してインターネットに接続する方法のことです。インターネットが普及し始めた頃は無線LANが無く、全ての端末にLANを繋げて有線接続していました。無線LANが普及した現在でも、安定した通信が可能な有線LANは人気が高く、高速通信に対応したLANケーブルが登場しています。

一方で、LANケーブルを使用せずにインターネットに接続することを無線LANといいます。無線LANは、Wi-Fiルーターを用いて電波を飛ばすことで、LANケーブルに接続しなくてもインターネットとの接続を実現しています。

有線LANのメリットとデメリット

有線LANには、LANケーブルで直接インターネットに接続するからこそのメリットが多数あります。ここからは、有線LANのメリットをデメリットと併せてご紹介します。

 

メリット

・無線LANより安定している  

インターネットに直接接続できるため、無線LANに比べて通信が安定しているというメリットがあります。なぜ無線LANよりも安定しているのかというと、LANケーブルで直接接続することで電波の影響を受けにくいためです。このように有線LANは通信が安定しやすいため、特にデータ量の多い通信に適しています。

 

・パソコンやゲーム機へ簡単に接続できる  

パソコンやゲーム機を簡単にインターネットに接続できるのも、有線LANのメリットです。

有線LANでインターネットに接続する際は、モデムやルーターにLANケーブルを差すだけです。初期設定なども必要なく、インターネット環境が整っていれば簡単に接続できます。

また、端末とモデムやルーターをLANケーブルに接続するだけというシンプルな構造のため、インターネットに繋がらなくなった時の原因を把握しやすいという点もメリットです。

 

・セキュリティ性が高い

セキュリティ性の高さも有線LANならではのメリットです。なぜ有線LANの方がセキュリティ性が高いのかというと、モデムやルーターと直接つなげるため電波を悪用されにくいためです。乗っ取りの被害にも合いにくく、安心してインターネットを利用できます。

 

デメリット

・LANケーブルでつなぐため邪魔になる  

有線LANのデメリットは、邪魔になりやすい点です。LANケーブルを配線するため、LANケーブルを踏まないようになど、部屋のレイアウトに制限が出やすくなります。

また、機器の台数分だけケーブルが必要なため、LANケーブルが増えると乱雑に配線され、見た目が悪かったり、絡まって断線するといったデメリットもあります。

 

・LANポートがない機器がある

有線LANは、LANケーブルで直接インターネットに接続するため、LANポートがない機器には使えません。ほとんどのタブレットやスマホにはLANポートがないことも多く、利用できる機器が制限されやすいです。

無線LANのメリットとデメリット   

LANケーブルを使わずに、電波でインターネットに接続できる無線LAN。有線LANとは特徴が異なることから、メリットとデメリットも大きく異なります。ここからは、無線LANのメリットとデメリットを確認しましょう。

 

メリット

・電波が届く範囲ならどこでも接続できる  

無線LANの大きなメリットは、配線工事が不要な点です。なぜなら、モデムやルーターを設置すれば、電波でインターネットに接続できるためです。

また、インターネットに接続する機器の台数が増えても、ルーターが対応している範囲内なら台数に限らず接続可能です。有線LANは接続する台数分LANケーブルが必要なため、無線LANならではのメリットと言えます。スマホやタブレットの場合はパケット通信を介さないため、通信料金の節約にもつながります。

 

・LANケーブルが不要なので配線がスッキリする   

無線LANでインターネットに接続するために必要なのは、Wi-Fiルーターの設置のみです。そのため、LANケーブルによって部屋のレイアウトを崩されたり、配線に悩まされる心配がありません。また、LANケーブルを機器の台数分だけ用意する必要がないため、LANケーブルが乱雑になるといった悩みもありません。

 

デメリット

・家の構造によってデッドスポットができる 

無線LANは、LANケーブルが不要で便利な一方で、通信速度が不安定というデメリットがあります。特に、家の構造によってはデッドスポットができるため、通信が不安定になりやすいです。なお、デッドスポットとは通信状況が悪い場所のことです。

また、電波は家電が発する電波にも干渉されやすい、モデムやルーターから遠くなる程不安定になるなどのデメリットもあります。

 

・セキュリティ面に不安がある

無線LANには、有線と比べて防犯性が低いというデメリットもあります。なぜなら、他の近くの家にも電波が届いている可能性があり、ただ乗りされる可能性もあるためです。

安心して無線LANを使用するためには、しっかりとしたセキュリティ対策が必要です。

有線LANのつなぎ方

安定した通信を安心して利用できる有線LAN。ここからは、そんな有線LANのつなぎ方をご紹介します。有線LANのつなぎ方は以下の通りです。

①機器にLANポートがあるか確認する

②通信速度に対応しているLANケーブルを選ぶ

③つなげる前に各機器の電源を切る

④パソコン本体の差込口に、LANケーブルをしっかりと挿入する

接続ができない場合は、LANケーブルがしっかり差し込んでいるかを確認したり、モデムの電源を入れ直してみましょう。

まとめ

LANケーブルを使う有線LANと、LANケーブルを使わずにWi-Fiルーターで電波を飛ばす無線LAN。有線LANと無線LANは接続方法に大きな違いがあるため、メリットとデメリットも全く異なります。インターネットの利用環境から、最適な方法を選んで快適にインターネットを利用しましょう。

👉LANケーブル商品一覧はこちら