iPhoneをLANケーブルで有線接続する方法とメリット|LANケーブルと結束バンドのことなら|パンドウイット

iPhoneをLANケーブルで有線接続する方法とメリット

※この記事は製品や技術にまつわるお役立ち情報=豆知識を意図しておりますことから、弊社製品以外の製品や市場一般に関する内容を含んでいることがあります

スマホの中で最も普及率の高いiPhone。iPhoneを快適に利用するために必要なのがWi-Fiです。

iPhoneをWi-Fiに接続するためには、有線LANか無線LANのいずれかを使用しますが、おすすめは有線LANです。

そこで今回は、iPhoneを有線LANに接続する方法と、有線LANを使うメリットをご紹介します。

有線LANケーブルで接続するために準備するもの

iPhoneを有線LANに接続するためには、以下のものを揃えましょう。

・iPhone本体

・インターネット回線とモデムとルーター

・有線LANケーブル

・有線LANアダプター

・Lightning-USB 3カメラアダプタ

・Lightningケーブル

・電源(モバイルバッテリー)

 

インターネットに接続するためには、インターネット回線が必要不可欠です。インターネット回線はさまざまな種類があるため、お好きな回線をお選びください。インターネット回線の申し込み時に、モデムとルーターはレンタルできます。

有線LANケーブルは、ルーターのLANポートからiPhoneまでの距離を計算し、最適な長さのものを購入しましょう。

Lightning – USB 3カメラアダプタは、有線LANアダプターとLightning端子を接続させるためのものです。「Lightning – USBカメラアダプタ」は接続できないため、買い間違いのないようにご注意ください。

ルーターのLANポートに接続

必要なものを揃えたら、ルーターのLANポートに接続していきます。接続手順は以下の通りです。

 

①ルーターのLANポートに有線LANケーブルを差し込む

②LANケーブルの片側を有線LANケーブルに接続する

カメラアダプタのUSB端子に有線LANアダプターを接続する

カメラアダプタと電源(モバイルバッテリー)を接続する

⑤iPhoneにEthernetと表示されたら接続完了

 

接続手順を誤ると有線LANに接続できないため、手順を確認しながら慎重に接続してください。

 

iPhoneをLANケーブルで有線接続するメリット

先ほど、iPhoneをLANケーブルで接続する際は、無線LANではなく有線LANがおすすめと述べました。なぜ、有線LANの方が良いのでしょうか。

ここからは、iPhoneを有線LANに接続するメリットをご紹介します。

 

安定した通信速度で接続できる

一つ目のメリットは、安定した通信速度で接続できる点です。

無線LANは家電によるノイズや、壁の影響を受けやすく、通信速度が不安定になりがちです。しかし、iPhoneとインターネット回線を直接接続できる有線LANは、ノイズや壁などの障害物がないため、無線LANと比較すると通信が安定しています。

 

大容量通信が可能になる

大容量通信が可能で、映画やオンラインゲームもスムーズに利用できる点もメリットです。

有線LAN接続は、LTE回線やWi-Fiよりも通信速度が速いという特徴があります。

そのため、高速かつ安定した通信が可能になり、映画などの高画質動画を視聴する際やオンラインゲームをプレイする際に、通信速度を気にせず快適に楽しめます。

iPhoneをLANケーブルで有線接続する際の注意点

ここまでご紹介した通り、無線LANに比べて安定した高速通信が可能な有線接続。しかし、iPhoneをLANケーブルで有線接続する際には、以下の注意点があります。

 

・機器の組み合わせが悪いと接続できない可能性がある

・iOSのバージョンが古いと接続できないことがある

・居場所が制限されがち

 

それぞれの注意点を詳しく確認しましょう。

 

機器の組み合わせ次第で上手くいかないことがある

一つ目の注意点として、機器の組み合わせ次第で接続できなくなる可能性があります。

例えば、iOS9.3以上は使えても製品の組み合わせやiOSバージョン、Appleの端末自体が原因で使えないなど、複数の組み合わせを試してみないと接続できないことがあります。そのため、確実に接続させるためには純正品を揃えなければなりません。

多少高くても、何度も買い替える手間やコストを考えると、最初から純正品を揃えた方が良いでしょう。

 

iOSのバージョンは最新に

iPhoneのiOSのバージョンが古いと、有線LANで接続できないこともあるため注意が必要です。

有線LANを使用するためには、「iOS12.4」以降がインストールされていなければなりません。

接続手順や純正品を揃えているにも関わらず接続しない場合には、iOSが12.4以降になっているかを確認しましょう。

なお、セキュリティや機能面も考慮し、iOSは常に最新版にアップデートしておくことをおすすめします。

 

居場所が制限される

有線接続の最大のデメリットは居場所が制限されることです。

LANケーブルの長さはさまざまな種類がありますが、ルーターのない部屋ではインターネットに接続できません。

このように物理的に利用できる場所が制限されるため、一か所で使い続ける場合に有線を活用するなど、無線LANと上手く使い分けると良いでしょう。

使い方に応じて無線と有線を使い分けよう

安定した高速通信が可能な有線LAN。しかし有線LANは接続できる場所が限られているため、複数人でWi-Fiを使用したい場合や、ルーターのない別の部屋で使用したい場合には無線LANが適しています。

このように、インターネットの使い方に応じて無線LANと有線LANを使い分け、常に快適にインターネットが利用できる環境を整えましょう。

👉LANケーブル商品一覧はこちら