賃貸でもできる!ケーブルモールで配線整理をする方法|LANケーブルと結束バンドのことなら|パンドウイット

賃貸でもできる!ケーブルモールで配線整理をする方法

※この記事は製品や技術にまつわるお役立ち情報=豆知識を意図しておりますことから、弊社製品以外の製品や市場一般に関する内容を含んでいることがあります

何かと乱雑になりがちなのが、配線回りです。配線をそのままにしておくことは、見た目が悪いだけでなく、転倒や機器の故障の危険があります。そんな時には、ケーブルモールを使うことで綺麗に配線することが可能です。

この記事では、ケーブルモールを使った配線整理の方法を紹介します。

ケーブルモールとは

複数を同時に配線すると、絡まって断線したり、見栄えが悪くなることがあります。そんな配線周りを整理したい場合に活躍するのが「ケーブルモール」です。

「ケーブルモール」とは、ケーブル類を格納して収納することができる樹脂製のカバーです。カバーにケーブル類を通し格納が可能なタイプの製品が一般的ですが、壁や床に貼り付けて使用することもできます。形状には複数の種類があり、まっすぐなフラットタイプや、コーナーに添わせることのできるL字タイプなどがあるため、使用場所に最適な形状の製品を選ぶと良いでしょう。

ケーブルモールの選び方

ケーブルモールには、壁タイプの製品と床タイプの製品があります。まずは、配線を壁にするのか床にするのかを決め、適したタイプの製品を選びましょう。

また、ケーブルモールは大きさにも複数の種類があります。格納したいケーブルが多ければその分、大きいサイズのケーブルモールが必要です。格納したいケーブルの本数により、ケーブルモールの大きさを選びましょう。

さらに、白・黒・木目調など、自室の壁や床の色に合った色を選ぶことも重要です。ケーブルモールを使用することで、散らかって見える配線をスッキリと見せる効果があります。しかし、ケーブルモールの色が目立つと、インテリアに影響が出かねません。ケーブルモールを目立ちにくくするために、壁や床の色に近い色のケーブルモールを選びましょう。

ケーブルモールの取り付け方

最適なケーブルモールを購入できたら、ケーブルモールを取り付けていきましょう。ここからは、ケーブルモールの取り付け方を解説します。

 

ケーブルモールの取り付けに必要な道具

ケーブルモールを取り付ける前に、必要な道具を揃えておきましょう。取り付けに必要な道具は下記の通りです。

・カッターやハサミ

・壁・床専用の両面テープ

・絨毯に貼り付ける場合はマジックテープ

・もっとしっかり貼り付けたい場合はビスやねじ

両面テープは、必ず専用の両面テープを使用してください。床にケーブルモールを取り付ける際に、壁専用の両面テープを使用してしまうと、ケーブルモールを剥がす時にテープかすが残るなど、綺麗に剥がせなくなる恐れがあるからです。

また、絨毯やタイルカーペットに貼り付ける場合は、マジックテープを使用することをおすすめします。床専用の両面テープでも取り付けられますが、時間の経過とともに粘着力がなくなり、テープかすが残ることがあります。一方でマジックテープであれば、時間の経過による粘着力が低下する心配はありません。

 

ケーブルモールを取り付ける手順

道具を揃えたら、早速ケーブルモールを取り付けましょう。取り付ける手順は下記の通りです。

1.貼り付け面を綺麗にする

2.モールのベース部分に両面テープを張り付ける

3.貼り付ける場所の長さに合わせて切って貼り付ける

4.ケーブルを綺麗に格納し、蓋をかぶせる

なお、両面テープではなくマジックテープを使用する場合は、2ではなく3の工程の後に貼り付けてください。マジックテープを先に貼るとケーブルモールをカットしづらい場合があります。

また、複数のケーブルを格納する際は、ケーブル同士が重ならないように注意し、なるべく並行に格納してください。ケーブル同士を並行にすることで、ケーブルを傷つけたり、通信速度の低下を防げます。

ケーブルモールを綺麗に貼るポイント

ケーブルモールを貼る場所は、ケーブルモールが邪魔にならない場所を選んでください。机や椅子の邪魔にならないように、壁際や床面の端に貼る方法がベストです。

床用のワゴンモールタイプを使用するときは、壁際に使用せず部屋や通路を横切るときに使用しましょう。床用のワゴンモールタイプは横幅が広いため、壁際での使用には適していません。

また、賃貸で使用したい場合は、両面テープを直接床や壁に貼らずに、マスキングテープを貼った上から貼り付けるようにしてください。これは退去する際に綺麗に剥がれず、テープかすが残るのを防ぐ効果があります。

ケーブルモールで綺麗な配線を!

LANケーブルや電話線、電源線など、生活を送る上で増えがちなのが配線です。複数のケーブルをそのまま配線すると、部屋が散らかって見えたり、断線するなどの問題が生じることがあります。

複数のケーブルを配線する場合は、ケーブルモールを使って整理しましょう。ケーブルモールには、複数のタイプや形状があります。その中から最適なケーブルモールを購入して取り付けましょう。

👉LANケーブル商品一覧はこちら