LANケーブルの性能は規格と構造によって違う?速度や用途別の選び方|LANケーブルと結束バンドのことなら|パンドウイット

LANケーブルの性能は規格と構造によって違う?速度や用途別の選び方

※この記事は製品や技術にまつわるお役立ち情報=豆知識を意図しておりますことから、弊社製品以外の製品や市場一般に関する内容を含んでいることがあります

LANケーブル

インターネットに接続するために必要なLANケーブルには、複数のCat(カテゴリ)という規格があります。Catにより、通信速度や周波数が異なるため、用途ごとに最適なカテゴリを選ぶことで、快適にインターネットが利用可能です。

そこで今回は、そもそもCatとは何か、見た目ではわからないLANケーブルの性能の見分け方をご紹介します。

LANケーブルの性能は「Cat(カテゴリ)」によって大きく違う

Catとは、通信規格を指す用語です。Catによって通信速度が変わり、数字が大きくなればなるほど通信速度が速くなります。

高性能のパソコンやルーターを使用していても、LANケーブルの性能が低ければ通信速度は遅いままです。そのため、Catの各数字の特徴を知り、最適なCatを選ぶことで通信速度を速くすることが可能です。通信速度が遅いと感じる方は、LANケーブルのCatを見直してみましょう。

 

「Cat(カテゴリ)」ごとの向いている用途

通信速度がとにかく速いLANケーブルを選びたいという場合は、Catに続く数字が大きい製品を選びます。しかし、数字が大きくなればなるほど、コストもかかります。そのため、家庭用ではCat6(カテゴリ6)でも十分です。このように、使用用途に適したCatを選ぶことで、コストも無駄になりません。

ここからは、Cat5〜Cat8までの特徴をご紹介します。

通信速度は最も遅く安価に購入できる「Cat5」は、数年前まで広く流通していたCatです。通信速度は100Mbpsと遅いですが、インターネットを使用する機会が少ない方はCat 5でも問題ありません。

Cat5eは通信速度が1Gbps(1000BASE-T)です。最近普及している光回線にも対応しており、コストパフォーマンスに優れているため、オフィスでも利用できます。

Cat6は一般家庭で多く使用されています。通信速度は1GbpsとCat5eと同じですが、周波数は2倍以上あり、ノイズ耐性にも優れています。オンラインゲームなどはプレイせず、インターネットを快適に利用したい方におすすめです。

データ容量が大きい動画コンテンツを楽しみたい方や、リモートワークをしている方におすすめなのがCat6Aです。今後主流になると言われている10Gbpsにも対応しているため、これからインターネット環境を整える方に特におすすめです。

オンラインゲームを快適に楽しみたい方には、Cat7がおすすめです。Cat7の通信速度は10Gbpsと、Cat6Aと同じですが周波数が大きいため、ノイズ耐性が強くタイムラグが起きにくいため、オンラインゲームに適しています。また、負荷が高い業務用サーバーとの接続にも適しているものです。

Cat8は、40Gbps(40G-BASE-T)という超高速の通信速度と、2000MHzという広帯域の周波数で、高速かつ安定したネットワークの構築ができます。現在は、業務用に使用されることがほとんどです。

LANケーブルの構造によっても性能は異なる

LANケーブルは、構造によっても性能が変わります。大きく分けてUTPケーブルとSTPケーブルがあり、それぞれの特徴をご紹介します。

 

UTPケーブルとは

UTPケーブルは、2対の電線をペアにした4組で構成されているケーブルで、「ペアケーブル」とも呼ばれています。シールド保護されておらず、主に家庭やオフィスビルで使用されています。ただし、電線を撚ることによって内部雑音を抑制し、高品位な通信を可能にしているUTPケーブルは通信が突然切断されることがあるため、施工には注意が必要です。

 

STPケーブルとは

STPケーブルは、シールド保護されたUTPケーブルです。遮蔽効果によりノイズに対する耐性が強い一方で、あまり普及されていないため、採用範囲は限定的というデメリットもあります。

主に、ノイズの多く発生する工場や研究所など、特殊な環境で使用されています。

形状の違いで選ぶ

LANケーブルは形状に種類があります。必要な性能を選択したら、使用する場所に合わせて形状を選びましょう。

ここでは、フラットケーブル、巻取ケーブル、高屈曲ケーブル、屋外ケーブルの特徴をご紹介します。

フラットケーブルは、カーペットの下やタンスの後ろなどの狭い場所にLANケーブルを通す際に適しています。巻取ケーブルは、ケーブルを巻き込み運ぶことができるため、ルーターを持ち運ぶ際に適しているでしょう。高屈曲ケーブルは、表面に弾力PVCが搭載され、ツメ折れ防止カバーなどの対策がされています。そのため、オフィスなど配線が複雑な環境での使用に最適です。屋外テーブルは耐水性に優れています。そのため、屋外にLANケーブルを通す際におすすめです。

まとめ

インターネットを快適に使用するためには、使用用途に適したLANケーブルを選ぶことが大切です。LANケーブルについて、ご不明な点があればお問い合わせください。

👉LANケーブル商品一覧はこちら