公衆無線LANとは?無料で使えるWi-Fiスポットのメリット・デメリットを解説|LANケーブルと結束バンドのことなら|パンドウイット

公衆無線LANとは?無料で使えるWi-Fiスポットのメリット・デメリットを解説

※この記事は製品や技術にまつわるお役立ち情報=豆知識を意図しておりますことから、弊社製品以外の製品や市場一般に関する内容を含んでいることがあります

公衆無線LAN

インターネットが生活に欠かせなくなった今日。駅や喫茶店、観光スポットなどで「公衆無線LAN」を使うことができる場所が増えています。

今回は、そんな公衆無線LANはどのように活用することが望ましいのか、またメリットやデメリットなどを基礎知識も交えて解説します。

公衆無線LANの基礎知識

駅や喫茶店など公共の場において、誰でも利用できるのが公衆無線LANです。活用方法やメリットとデメリットを知る前に、まずは公衆無線LANとは何かを確認しましょう。

 

公衆無線LANとは

公衆無線LANとは、公共の場で不特定多数が利用できるフリーWi-Fiです。

交通機関や飲食店が提供しているフリーWi-Fiは基本的に誰でも無料で使用できます。しかし、携帯キャリアや回線業者が契約者向けに提供しているサービスの中には、有料のサービスもあり、特定のユーザーしか使用できません。

公衆無線LANを利用すると、外出先でもパソコンやタブレット、ポータブルゲーム機で、インターネットを使うことが可能です。

 

公衆無線LANを使える場所

現在、公衆無線LANはさまざまな場所で使用できます。主な使用可能場所は、駅・カフェ・コンビニなどです。駅では、鉄道会社が独自に提供しているWi-Fiと携帯キャリアが提供しているフリーWi-Fiのいずれか、もしくは両方の利用が可能です。

また最近では、訪日外国人の増加に伴い、空港や観光スポットなどでもサービスが普及しています。

公衆無線LANのメリット・デメリット

公衆無線LANは、誰でも無料で利用できる利便性の高いサービスです。しかし一方で公衆無線LANならではのデメリットもあります。ここからは、公衆無線LANを利用するメリットとデメリットをご紹介します。

 

メリット

公衆無線LANは利便性の高さだけではなく、通信費節約にも役立つでしょう。また、モバイル通信を契約していない端末でもWi-Fiに接続することで、使用できるというメリットもあります。

 

デメリット

一方で、いくつかのデメリットもあります。デメリットも把握した上で、使用を検討しましょう。

公衆無線LANにおける大きなデメリットは、セキュリティ面の不安です。不特定多数の利用者がアクセスする公衆無線LANでは、不正アクセスやウイルスの問題が生じることも少なくありません。特に、通信が暗号化されていないアクセスポイントでは、公衆無線LANを介してクレジットカード番号などの個人情報が漏れてしまう可能性もあり危険です。公衆無線LANを使用中は、個人情報を含む通信は避けてください。

また、通信が安定している反面、同時に多くの人が利用すると回線が混み合うこともあります。特に利用者が多い店舗などにおける公衆無線LAN使用は、通信速度が遅くなりやすいです。

公衆無線LANの安全な使用方法

公衆無線LANは誰でも利用できる利便性が魅力である反面、不正アクセスなどに注意が必要です。安全な使用方法を知り、トラブルを防ぎましょう。

安全な公衆無線LANであるかを判断するポイントとして、アクセス前にスマートフォンでWi-Fiネットワーク名の表示を確認してください。Wi-Fiネットワーク名の隣には公衆無線LANの種類により、鍵マークがついているWi-Fiネットワークと、ついていないWi-Fiネットワークがあります。鍵マークがついていないWi-Fiスポットの使用は危険です。

なぜなら、鍵マークがついていないWi-Fiネットワークは、暗号化されていない公衆無線LANです。暗号化されていない公衆無線LANを使用すると、不正アクセスにより個人情報が漏れてしまう可能性もあります。鍵マークがついているWi-Fiネットワークであっても、個人情報漏洩を防ぐために、公衆無線LAN使用中はカード番号やパスワードなど、重要な個人情報は入力しないことも大切です。

また、Wi-Fiネットワーク名が正しいか確認を必ず行うようにしてください。これはアクセスポイント自体が、不正にアクセスするためのダミーである危険性を回避する手段です。例えば、飲食店に入店した際に、飲食店名の公衆無線LANに無闇にアクセスすると、不正アクセスされる恐れがあります。お店に記載されているWi-Fiネットワーク名を確認し、アクセスするようにしましょう。

さらに、安全に利用するためにVPNを使用することもおすすめです。VPNを使用すると、ブラウザやアプリが個別に行う暗号化通信とは別に、通信経路を丸ごと暗号化できるため、情報漏洩のリスクが低下します。

まとめ

外出先で、誰でも無料でインターネットが利用できる公衆無線LAN。無料でありながら比較的通信が安定しており、通信量の節約もできるなどのメリットがあります。しかし、公衆無線LANにアクセスした状態で個人情報入力すると、不正アクセスなどの問題が生じ可能性もあり危険です。

重要な情報を取り扱う際には、自宅や会社で有線LANを使用してインターネット接続することをおすすめします。

👉LANケーブル商品一覧はこちら