お部屋の照明がワンランクアップする!配線ダクトレールとは

※この記事は製品や技術にまつわるお役立ち情報=豆知識を意図しておりますことから、弊社製品以外の製品や市場一般に関する内容を含んでいることがあります

お店で設置されているようなお洒落でシンプルな照明を、家でも取り入れたいと考えている方は多いのではないでしょうか。そんな方におすすめの製品が、配線ダクトレールです。工事で取り付けるものをはじめ、賃貸物件にも対応している簡易的な取り付け方法で済むものなど、その種類はさまざま。

今回は配線ダクトレールの種類や魅力、取り付け方について紹介します。新築の家を考えている方やお部屋のリフォームを考えている方は、新しい照明器具のアイディアとして参考にしてみてはいかがでしょうか。

配線ダクトレールとは

「配線ダクトレール」は、「ライティングレール」ともよばれており、照明器具を取り付ける際に必要な器具のことです。配線ダクトレールに対応している照明であれば、レール上の好きな箇所に照明を取り付けることができます。部屋の内装にこだわりたい方におすすめです。

従来はお店などの照明演出に使用されていましたが、昨今では家庭用の照明に取り入れるということも少なくありません。種類も豊富で、それぞれの家庭に最適かつ取り付けが簡単なものも増えてきています。お家を少しイメージチェンジしたいという場合は、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

配線ダクトレールで使用可能なワット数

一般的に、600W(ワット)あれば15畳のリビングで適度な明るさを保てるといわれています。なお、最大ワット数はスイッチの数によって異なるため、以下の表を参考に確認してみましょう。

■スイッチが1つの場合

配線ダクトレール1本:1500Wまで

配線ダクトレール2本:合計1500Wまで

 

■スイッチが2つの場合

配線ダクトレール1本:1500Wまで

配線ダクトレール2本:1本1500Wまでが2本、つまり合計3000Wまで

1本の配線ダクトレールに100Wの照明器具を15個まで取り付けできると考えれば、かなりお部屋を明るくすることができることが分かります。

配線ダクトレールの魅力

 

ライトの位置を自由自在に

ダクトレールには可動部分があるため、その範囲内であれば好きな位置にライトを持っていくことができます。真下を照らしたり、壁を照らして間接照明にすることも可能。また、レール部分に引っかけプラグを取り付ければ、ライトの高さも変えることも可能です。

 

レールの長さにこだわれる

レールをカットする方法もあるため、細かく長さにこだわりたい方はカットもおすすめです。レールの長さは一般的に1mから1.5mのものが多く、長いので3mのレールもあります。

極端に短いものであれば50cmのものもあるため、使用する場所に応じて適切なものを選択してみましょう。

 

照明器具以外にも吊り下げておしゃれに

ダクトレール用吊りフックがあれば、かごを掛けて観葉植物を飾ることもできます。コンセントプラグを使えば、天井から電源が取れるようにも。他にもモビールやレースなど、お部屋のインテリアに合わせてさまざまなものを吊り下げることも可能です。

 

賃貸での取り付けも

天井によくある、シーリングソケットへ直接取り付ける「簡易取付ダクトレール」というダクトレールもあります。工事の必要がないため、賃貸物件での取り付けも可能。それほど重くない照明器具を取り付けたい場合などにも使用できます。

配線ダクトレール4つの取付け方

 

①  引っかけシーリングタイプ

簡易取付ダクトレールといわれており、名前の通り取り付けが簡単なダクトレールです。片手で照明器具を取り付けることができます。賃貸でもおしゃれな照明を楽しみたいという方おすすめです。

 

②埋め込みタイプ

天井に埋め込むタイプのため、後付けはできません。新築を建てる・リフォームの予定のある方におすすめです。長さや形が自由自在で、重量のある照明器具にも耐えることができます。

 

③直付けタイプ

天井に直接取り付けるタイプ。取付工事が必要ではありますが、比較的簡単に済む工事であるため、低コストで取り付け可能です。ただし、天井に穴をあけるため賃貸には厳しいでしょう。新築やリフォームの予定はないが、取り付けたいという方におすすめのダクトレースです。

 

④コンセントタイプ

工事不要のコンセントタイプもあります。コンセントを差し込む必要があるため、設置場所を工夫して取り付けましょう。配線処理さえ考えれば非常に使い勝手のいいダクトレールです。メインの照明より、インテリアのライトアップ、オブジェ用などサブの使い方がおすすめ。

まとめ

さまざまな種類のある配線ダクトレール。お部屋をおしゃれに見せてくれるだけでなく、掃除を楽にしたり、照明の取り付けを簡単に済ませられるなどのメリットがあります。テーブルなどの家具や空間を照らすのもいいですが、壁や天井、観葉植物などを照らす間接照明としても存在感を発揮します。

ご家庭にあった配線ダクトレールを活用して、おしゃれな配線ダクトレールを取り入れてみてはいかがでしょうか。

👉配線ダクト商品一覧はこちら