家庭で使うLANケーブル選びには「Cat6(カテゴリ6)」がおすすめ!|LANケーブルと結束バンドのことなら|パンドウイット

家庭で使うLANケーブル選びには「Cat6(カテゴリ6)」がおすすめ!

※この記事は製品や技術にまつわるお役立ち情報=豆知識を意図しておりますことから、弊社製品以外の製品や市場一般に関する内容を含んでいることがあります

LANケーブル

インターネット通信の使用にWi-Fiの無線LANが増えていますが、安定した高速通信を行うためには有線LANが活躍してくれます。

ですが、パソコンの通信に必要なLANケーブルの選び方を理解されている方は少ないのではないでしょうか?お家にあったのを適当に繋げたり、お店で適当に選んだりと理解せずに使用しているパターンが多くあるかもしれません。しかし、LANケーブルは通信に大きく関わる大切な配線です。

本記事では家庭用のLANケーブルの選び方やおすすめのカテゴリ「Cat6(カテゴリ6)」のケーブルについて詳しく説明します。

通信環境を左右するLANケーブルの選び方

インターネット通信に必要なLANケーブルですが、種類によっては通信速度にも大きく影響してきます。使うネットの規格や適度なケーブルの長さ、そして使いやすく耐久性のある素材と形状なども考慮して選ぶことをおすすめします。

 

1GbpsでないCat5は不便

まず気をつけて欲しい点は、100Mbpsしか出ない「Cat5」を選ぶことは避けて欲しいということです。よく使われている「Cat5e」の ケーブルに比べて制限があり、最近ではあまり使われなくなってきています。Cat5のケーブルでギガタイプの光回線を利用するとかなり低速になってしまいます。購入する時にはCat5を選ばないよう、気をつけて下さい。

 

Cat6Aが最適?注意点も

LANケーブルはCat6を選ぶことが最適です。Cat6以上あれば一般家庭の通信環境は快適に使えます。家庭で複数の機器を同時接続する際にもピッタリです。

注意点はSTPとUTPという種類があることです。

 

単線とヨリ線

LANケーブルには単線とヨリ線という違いがあります。ケーブル内の芯線の違いで、通信の安定性に相違があります。

「単線」は1本の芯線に1本の銅線が使用されたケーブルです。通信の安定性が高くノイズに強いという特徴があります。しかし、ケーブルが固いので少し扱いがしづらくなるかもしれあせん。

対して「ヨリ線」はやわらかく扱いやすいのですが、単線に比べて通信の安定性はやや低下します。通信の安定性にこだわりたいのなら単線を選ぶことをおすすめします。

単線とより線を外見から見分けることは難しいので購入時に注意してください。簡単な見分け方ですが、「単線」はケーブルが固く「ヨリ線」は柔らかいという感じです。パッケージをよくチェックするか店員さんに聞いてみても良いでしょう。

どちらも普通に使う分には大きな差はありません。どちらを選んでも大丈夫です。

 

STPではなくUTPケーブルを

STPとUTPケーブルの違いを詳しく説明しておきます。

まず「STP」はLANケーブル内部がアルミ箔で保護されており、ノイズに対応しているため安定性が高いですが、UTPより価格が高くなります。

対する「UTP」はLANケーブルの内部が保護されていないため、ノイズへの対応はそれほど高くありませんが、一般家庭で使用する分には十分です。

STPはシールドがあるのでノイズに対応してくれますが、ノイズはそのままシールドに残ることになってしまいます。そんな特性からSTPにはアースが必要です。少し扱いが難しい部分があるので一般的にはUTPを選ぶのがおすすめです。

Cat6とCat6Aの使用環境

Cat6とCat6Aの違いは、Cat6AはCat6よりスピードが10倍に、データ量は2倍になります。ですが、ご自宅で日常使用する分には「Cat6」で十分です。

対する「Cat6A」は、家庭でも使用出来ますが、オフィスや店舗などの企業での使用におすすめです。10G接続のサーバーとの接続、液晶テレビでの動画視聴やオンラインのコンテンツを使いたい時に最適。Cat6Aのケーブルを使用する場合は、使用環境で10Gbpsの接続に対応しているか必ず確認したほうがいいでしょう。

おすすめのLANケーブル

これまでの解説をふまえて、おすすめしたいLANケーブルご紹介します。パンドウイット(PANDUIT)製のLANケーブルはプロ仕様で安心して使えます。ケーブルの購入や交換を考えている方は、是非参考にしていてくださいね。

 

PanZone™ Cat6A ケーブルアセンブリ

ケーブルアセンブリとは、単一のユニットとしてすでに配置されているケーブルのことです。

ケーブルとコネクタがすでにユニットになっているのが特徴で、複雑な取り付け作業をすることなく接続が可能です。最初からケーブルにコネクタが付いている状態なので、コネクタの抜き差しだけでケーブルを接続できます。

PanZoneのCat6Aケーブルは高速光通信に最適な10Gbpsに対応したCat6AのLANケーブルは一般家庭用やオフィス、お店にも幅広く対応してくれます。

 

PanZone™ Cat6ケーブルアセンブリ

先にご紹介したCat6AケーブルアセンブリのCa6のバージョンです。

Cat6Aと比較しても大きな差は少なく通信が可能。家庭用のケーブルとして最適です。こちらもケーブルとコネクタがユニットになっており、取り付け作業が簡単なので、どなたでも作業が出来ます。

まとめ

現在の生活にインターネットは必須です。特にコロナ禍の中、在宅でのお仕事が必要になっている方も多いかも知れません。そんな時にインターネットの通信環境は重要になるでしょう。通信環境を左右するケーブルですが、特徴さえ把握していれば快適な通信環境が叶います。

専門的な用語が多く理解が難しい部分もありますが、こちらでご紹介したポイントさえ押さえておけば安心です。本記事を参考に使用環境や用途に合ったケーブルを選んでください。

👉LANケーブル商品一覧はこちら