PoEを使用するために|仕組みや必要な機器について

PoEとはPower over Ethernetの略で、LANケーブルを通して電力の供給ができる技術のことをいいます。私たちの身近なところでは、防犯カメラや監視カメラなどに利用されています。これらの機器は天井など電源がとりにくい場所に設置する必要があるため、PoE技術を用いて電力を確保する仕組みです。

ここでは、さらに詳しくPoE技術の仕組みや必要機器についてご説明いたします。

PoEの仕組み

PoEではEthernetケーブル=LANケーブルを使用し、コンセントがない場所でも省配線で電力供給をします。この技術を使用するためには、給電機器(PSE)と受電機器(PD)が必要になり、お互いをLANケーブルで繋ぎ送受信するという仕組みになっています。

 

給電(PSE)とは?

PSEとは電力を供給する側にある機器のことで、PDを検知すると自動で電力を供給し始めます。主にはPoEスイッチングハブやPoEインジェクションなどがあります。

・スイッチングハブ

LAN装置の一種で、PoE接続したい機器をつなぐハブになる部分です。

・インジェクション

PoE非対応のネットワークスイッチにPoE機能を追加する装置のことです。

 

受電(PD)とは?

PDとは電力を受ける側にある機器のことで、コンセントがなくても動作します。主には無線アクセスポイント、PoE受電アダプター、スイッチングハブ、IP電話機、ネットワークカメラなどがあります。

・無線アクセスポイント

無線で各デバイスとつながって通信を提供する機器のことです。

・PoE受電アダプター

PoE供給装置とともに用いて、PoE非対応のネットワーク機器に電力を供給します。

・スイッチングハブ

LAN装置の一種で、PoE接続したい機器をつなぐハブになる部分です。

・IP電話機

アナログ音声をデジタルのパケットデータに変換し、ネットワークを通じて伝送する電話通信サービスです。

・ネットワークカメラ

カメラで撮影した映像をネットワークを通じてパソコンやスマホでリアルタイムで見ることができるビデオカメラのことです。

標準規格の比較

IEEEとはアメリカの電子工学技術の学会のことで、IEEE802.3afとIEEE802.3atはそこで規格を策定されたPoEの標準規格のことをいいます。

下表の通り、電力供給量の多さはIEEE802.3af<IEEE802.3atということになります。

規格名

IEEE802.3af(POE)

IEEE802.3at(POE+)

電圧(給電機器)

44.0~57.0V

50.0~57.0V

電圧(受電機器)

37.0~57.0V

42.5~57.0V

電力(給電機器)

15.4W

30.0W

電力(受電機器)

12.95W

25.5W

クラス

0

4

対応LANケーブル

カテゴリ3以上

カテゴリ5e以上

組み合わせ

給電機器と受電機器の組み合わせによっては接続できないものもあるので、注意が必要です。下表の通り、給電機器がIEEE802.3afで受電機器がIEEE802.3atの場合は繋げることができません。

 

受電機器(PD)

IEEE802.3af

IEEE802.3at

 

給電機器(PSE)

IEEE802.3af

IEEE802.3at

また、規格はIEEEで定められているものであるため給電機器と受電機器のメーカーが異なっていても問題はありません。

給電機器、受電機器の価格相場

ここでは実際に購入を検討されている方へ、それぞれの機器の相場をご紹介したいと思います。規格別ではIEEE802.3atの方がスペック高いため、IEEE802.3afよりも高い傾向にあります。

 

IEEE802.3af

 

給電機器

・スイッチングハブ

5,000円〜20,000円

・インジェクション

3,000円〜15,000円

 

受電機器

・無線アクセスポイント

15,000円〜30,000円

・スイッチングハブ

5,000円〜20,000円

・PoE受電アダプター

9,000円〜25,000円

・IP電話機

8,000円〜20,000円

・ネットワークカメラ

15,000円〜30,000円

 

IEEE802.3at

 

給電機器

・スイッチングハブ

5,000円〜30,000円

・インジェクション

8,000円〜20,000円

 

受電機器

・無線アクセスポイント

20,000円〜35,000円

・PoE受電アダプター

12,000円〜30,000円

・スイッチングハブ

5,000円〜30,000円

・IP電話機

25,000円〜40,000円

・ネットワークカメラ

15,000円〜30,000円

まとめ

PoE技術の仕組みや機器についてお伝えしてきましたが、ポイントは「PoEとはLANケーブルを通して電力を供給できる技術のこと」また「コンセントがない場所でも電力供給が可能であること」です。最近では見た目や設置コストの面から、省配線への需要が高くPoE対応の製品が増えてきています。

これから、防犯カメラなど電源を確保することが難しい場所への機器の設置をお考えの方は、是非このPoE技術を利用してみてはいかがでしょうか。