More Meaningful Connections

LANケーブルによる感電の可能性

LANケーブルは通信を行うためのケーブルです。一方で、通電している電気による感電の可能性はあるのでしょうか。こちらでは、LANケーブルによる感電の可能性について深堀りしていきます。

LANケーブルを流れる電圧は?

LANケーブルを接続する機器は電気機器です。LANケーブルも通電しています。配線時、メンテナンス時など、LANケーブルに触れた際に感電する可能性はあるのでしょうか。

結論から申し上げると、LANケーブルで感電するケースは極めて希少です。LANケーブルを流れているのは非常に低い電圧(数μV~数mV)の電気です。人体の抵抗を考えると、感電が起こることはほとんどありません。

ただし、ケーブルや接続機器に故障が起きている場合は安全とは言えないでしょう。ケーブル被膜が破れている場合などは通信品質も落ちてしまう可能性がありますので、早めの交換をおすすめします。

LANケーブルで電力供給する「PoE」

上述したとおり、LANケーブルでの感電の可能性はほとんど意識する必要がないレベルです。一方で、LANケーブルの中には電力供給をするためのものもあります。「PoE」と呼ばれる技術が採用されたLANケーブルでは、最大57Vの電気が流れているため、感電の可能性は否定できません。

PoEはPSE(給電側機器)と、PD(受電側機器)で構成されています。LANケーブルによる通信と給電を同時に行えるのがメリットです。電力供給できない場所に設置するネットワークカメラなどの接続に使用されています。

静電気放電には注意

LANケーブルに帯電した静電気が放電を起こし、ケーブルや接続機器にダメージを与えるケースがあります。床の上でのひきずり、ケーブルの動きによって生じる摩擦が静電気放電の代表的な原因です。また、ハイグレードカテゴリーのケーブルほど漏れ電流が少ないことから、静電気放電に注意する必要があると考えられています。

静電気放電を防止するためには、LANケーブルに触れるまえに電荷を逃がすことが大切です。また、金属が露出しているUTPケーブルの接続部分には、極力触れないようにする必要があります。

***

通常、LANケーブルによる感電はほとんど考えられませんが、配線時やメンテナンス時には安全に十分配慮しましょう。LANケーブルを接続する機器は必ず電源を外した状態で作業を行うようにしてください。また、静電気放電のリスクについては留意しておきましょう。

👉LANケーブル商品の一覧はこちら