More Meaningful Connections

社内ネットワークにおける物理セキュリティの具体例

社内の機密データを守るため、各企業は情報セキュリティの向上を目指しています。その一方で「落とし穴」となってしまっているのが、盗難や侵入によるデータ抜き取りなどを防止する「物理セキュリティ」です。こちらでは、社内ネットワークにおける物理セキュリティの具体例をご紹介します。

USBポートを塞ぐ

端末に搭載されているUSBポートは情報の入り口であると同時に出口でもあります。何も差し込まれておらずいつでも使用できるUSBポートがあるということは、第三者による情報抜き取りに対して無防備であるのと同義です。

USBポートからの情報抜き取りを困難にするため、USBポートを物理的に塞ぎ、ロックするツールが流通しています。ツールは専用機器でしか着脱できないため、第三者が取り外すことはできません。USBポートが多数搭載されている端末を使用している場合は有効な物理セキュリティです。

LANポートのロックで不正アクセスを防止

ルーターやハブには多数のLANポートが搭載されています。不正なアクセスを警戒する上では、こうしたLANポートにも物理セキュリティが必要です。上述したUSBポートと同様に、対LANポートようにもロックするツールが流通しています。

LANポートはUSBポートよりも運用ポート数の変動が少ないため、不使用のポートは塞いでおくのがおすすめです。不正アクセスだけではなく、リテラシーのない方が誤配線を実施してしまうことによるループ、速度低下といったトラブルも回避できます。

鍵付きLANケーブルの使用

ノートパソコンを利用している場合は、「パソコンそのものの盗難」にも警戒する必要があります。解決策としてワイヤー錠などを使用する方法がありますが、鍵付きのLANケーブルを使用するのも方法のひとつです。

もちろん、切断すればパソコンは持ち去り可能になりますが、「盗難のためにはLANケーブルを切断しなければならない」という一定のハードルを設けることができます。また、一般的にワイヤーよりも美観に優れており、当然ながら通信用として使用できるのも魅力です。

***

情報セキュリティの重要性が叫ばれる中、各企業はネットワークセキュリティの向上に努めています。一方で、物理セキュリティの向上に注力している企業はそれほど多くないようです。あらゆる可能性を鑑みれば、物理セキュリティの意識は決して過剰ではありません。内部からの意図的な情報流出を避けるためにも、物理セキュリティを徹底しましょう。