More Meaningful Connections

産業ロボットにも活用されているLANケーブル

工場、工事現場、医療現場なでもLANケーブルが活用されていることをご存知でしょうか。こちらでは、産業ロボットの内部で使用されているLANケーブルについてお話します。

産業ロボットとは

産業ロボットとはロボットの一種であり、現場作業を人間の代わりに行う機会を指します。人間がリアルタイムで操作するものや、あらかじめ用意されたプログラムに基づいて稼働するものがあります。

産業ロボットは、人間では危険を伴う作業や反復作業で使用されるのが一般的です。工場などではすでに多くの産業ロボットが導入されており、生産の効率化を実現しました。将来、生産現場での作業の多くは産業ロボットに置き換わると考えられています。

すでに産業ロボットが活躍している現場としては、自動車産業が代表的です。作業工程のほとんどが産業ロボットによりオートメーションされています。

産業用ロボットのLANケーブルに求められる性能

産業用ロボットの内部には通信のためのLANケーブルが組み込まれています。こうした産業用LANケーブルには、一般家庭はオフィスのLANケーブルとは違う性能が必要です。産業用ロボットのLANケーブルに求められる代表的な性能をご紹介します。

耐久性

産業用のLANケーブルは主にロボットの稼働部で使用されます。そのため、曲げ伸ばしに対する強力な耐久性が必要です。ロボットによっては特殊な動きへの耐性が求められることもあります。

耐油性

産業ロボットの稼働部には、摩擦係数を下げるために注油されるのが一般的です。当然ながら、内部に侵入した油が産業用LANケーブルに付着することもあります。

ノイズ耐性

産業用LANケーブルの周辺には電線をはじめとするほかのケーブルも集約しているため、ノイズによる悪影響が考えられます。通信速度を発揮するためには、ノイズへの耐性も必要です。

無線化の動きも

近年はLANケーブルの使用をやめ、産業ロボットを無線化しようという動きもあります。配線のコストやメンテナンスの手間が主な理由です。一方で、通信速度や通信の安定性が課題となっています。現在のところは、いまだ有線のネットワーク構成が主流です。

***

一般家庭やオフィス以外でも多くのLANケーブルが活躍しています。ご紹介したとおり無線化の動きはあるものの、現在の産業ロボットは有線接続されているものが主流です。一般の方が産業用LANケーブルを手にする機会はありませんが、知識として覚えておくと興味深いかもしれません。