有線LANネットワークで気を付けるポイント

セキュリティ上の問題や通信の安定性がから、社内ネットワークでは現在も有線LANが選択されています。一方で、有線LANネットワークならではの注意点があるのも事実です。こちらでは有線LANネットワークの構築時に気を付けていただきたいポイントをご紹介します。

タグ、色分けで差し間違いを予防

社内のネットワーク配線は家庭の配線と比較すると複雑になりがちです。また、利用する人間が多いことから、誤った抜き差しによるトラブルが多発することもあります。さらにネットワーク切断によるリスクの大きさは、家庭のネットワークの比ではありません。

ケーブルの色分けによってそれぞれの用途を明確に示し、指し間違いを予防する取り組みが一般的です。タグを両端に取り付け、ケーブルの管理を行うこともあります。ネットワーク管理の担当者以外でも把握できるように、わかりやすい表示をするのが基本です。

火災予防にはケーブル選びと整理が大切

LANケーブルは微量ながら通電しており、火災が発生する可能性があります。日々のメンテナンスでほこりがたまらないようにすることも大切ですが、ちょっとした工夫で火災リスクを大きく軽減できます。代表的な工夫が、ケーブルのチョイスと整理です。

例として、ドアの隙間など狭い箇所を通過させるケーブルに通常の径のものを使用していると、摩擦によって断線してしまう確率が高まります。フラットタイプ、極細タイプなど、使用する環境に応じて適材適所で選びましょう。また、必要以上に長いケーブルを使用していると、たるみによりほこりがたまりやすくなります。必要最低限の長さのケーブルを選択し、整理しておくことが大切です。

局所でSTPケーブルを使用してノイズ対策

配線環境で発生する電磁ノイズは、通信速度低下の原因のひとつです。とりわけ工場などでは電磁ノイズが発生しやすく、なんらかの対策が求められることがあります。

特殊な遮断処理によりノイズが多い環境でも高速通信を維持できるのが、STPケーブルです。通常のケーブルよりもコストがかかるため、ノイズを多い場所に局所で使用するのがおすすめです。

***

有線LANネットワーク配線の代表的なポイントについてご紹介しました。有線ネットワークはシンプルですが、上述したようなポイントを意識することで快適性や安全性に違いが生じます。企業で使用するネットワークなど大規模な有線LAN配線を実施する際は、今回ご紹介したようなポイントを意識してください。

👉LANケーブル商品の一覧はこちら