光コンセントとは?接続するLANケーブの選び方もご紹介|LANケーブルと結束バンドのことなら|パンドウイット

光コンセントとは?接続するLANケーブの選び方もご紹介

※この記事は製品や技術にまつわるお役立ち情報=豆知識を意図しておりますことから、弊社製品以外の製品や市場一般に関する内容を含んでいることがあります

インターネットを利用する際、必要になるかもしれない光コンセント。光回線専用のコンセントで、光ファイバーを使用する場合に必要になってきます。

今回は、光回線を利用する場合に選びたいLANケーブルや光コンセントの内容をご紹介します。

光コンセントとは   

光コンセントとは、光回線を使ってインターネットを利用する場合に差し込む光回線専用のコンセントです。「光」か「光コンセントSC」と書いてあるので、壁に設置されていればすぐにわかります。光ファイバーケーブル(光回線)と通信機器を繋ぐときに使用します。光回線は事業者ごとに違うため、業者を変更する際には再工事が必要な場合もあります。

光コンセント・LANコンセント・モジュラージャックの違い

ネット回線を利用するにあたって必要な「光コンセント」「LANコンセント」「モジュラージャック」とは、どんなものなのでしょうか。その違いと特徴をご説明していきます。

 

光ファイバーが部屋まで通っているのが「光コンセント」

「光コンセント」は、光回線を部屋の中まで光ファイバーが引きこまれてコンセントにつながっています。ダイレクトに部屋まで回線が通っているため、回線速度が早く安定している点が特徴です。光回線のメリットである速度の速さや安定性のメリットを活かすには、「光コンセント」が一番適しています。

 

共有部分からLANケーブルでつながっているのが「LANコンセント」

「LANコンセント」は、マンションなどの建物の共用部分まで引かれている光回線をLANケーブルによって各部屋まで引き込む接続の仕方です。

コンセント部分にLANと表示されており、ケーブルを差し込んで使用します。差し込むだけなので手軽に利用できる点がメリットです。しかし、光コンセントに比べて回線速度は劣ります。また、他の家電を使用するとより、通信速度が落ちてしまうという難点があります。

 

共有部分から電話用ケーブルでつながっているのが「モジュラージャック」

「モジュラージャック」は各部屋に電話差込口が設置されており、インターネットに繋ぐ接続方法です。別途、モデムという専用の装置が必要になるのが特徴です。建物の共有部分から電話用のケーブルでつながっており、配線の仕組みは建物全体の一つになっています。よって、一部だけ光コンセントに変えるなどは出来ない仕組みです。

速度的には低下してしまうので、動画やオンライン通話など回線に負荷がかかる使用ではスムーズに使えないかもしれません。

光コンセントは一体型と分離型の2タイプ

光コンセントには、ポピュラーである「一体型」と「分離型」の2つのタイプがあります。

「一体型」コンセントは電気用のコンセントやモジュラージャック、アンテナ端子と一緒に設置されています。壁に埋め込まれているので見た目もきれいです。

次に「分離型」ですが、こちらも先ほどの「一体型」と同じ役割です。

「分離型」は光ファイバーケーブルを壁に伝わせる場合が多く、見た目が少し悪いかもしれません。築年数が古い建物内に光ファイバーを通す工事の場合には、こちらが多いようです。

光コンセントのメリット

光コンセントがあるメリットの一番は、工事の必要が無いことです。新しく設置する場合は、日程や時間を決めて、立会い工事になるため色々な手間が発生します。

一方で光コンセントがあれば、ONU(回線終端装置)さえ手元に届けばすぐにネットが利用できます。スムーズにネット環境が整えることが可能です。

光コンセントのデメリット

光コンセントがあることで、気をつけておきたいポイントがあります。

まず、光コンセントが設置されていても、どの業者でも活用できるわけではありません。電力系の光回線は独自の光回線を使用しているので、「光コンセント」がついていても使うことができないので注意が必要です。またこの場合、初期工事も必要です。

お仕事などでネット環境がすぐに必要な場合は、余裕を持って光コンセントの有無の確認やどこの業者を使うかなどを調べておいたほうがいいでしょう。

光コンセント工事の流れ

光コンセントの工事の流れは、基本的に宅内工事と屋外工事の2つがあります。

まず、申し込み後に担当者より工事日程の電話がかかってきます。申し込み時にある程度の日程は打ち合わせしていますが、本決定はこちらの電話で行われることが多いです。立会いが必須なのでしっかり日程を決めていきます。

屋外工事は家の外から部屋の中に回線を引き込む作業になり、近くの電柱から光ケーブルを引き込みます。屋外工事が終わると宅内工事になります。室内に光コンセントを取り付けたり、回線終端装置(ONU)を接続する作業です。

光コンセントにつなぐLANケーブルの選び方

ONU(回線終端装置)とルーターは、LANケーブルで接続することになります。

LANケーブルには、Cat(カテゴリ)があります。確認せず古いものをそのまま利用したりするとせっかくの光回線の通信速度が発揮できません。LANケーブルは「Cat6」「Cat6a」あたりを選ぶのがおすすめです。

UTPケーブルはシールド保護されていないケーブルで、家庭用やオフィスなどで幅広く使われています。STPケーブルはシールド保護されたケーブルですが、一般的な用途は少ないようです。様々な理由からLANケーブルは「Cat6かCat6a」「UTPケーブルであること」高速電送に向いている「単線」を選ぶのがおすすめです。

まとめ

リモートワークの普及などで、ネット環境の重要性はますます高まっています。特に仕事でネットを利用する場合、ネット環境は重要な要素です価格だけに注目せず、LANケーブルは的確に選びましょう。

👉LANケーブル商品一覧はこちら