アミューズメント施設で使える結束バンドや固定具|LANケーブルと結束バンドのことなら|パンドウイット

アミューズメント施設で使える結束バンドや固定具

※この記事は製品や技術にまつわるお役立ち情報=豆知識を意図しておりますことから、弊社製品以外の製品や市場一般に関する内容を含んでいることがあります

コロナ禍で再注目されるアミューズメント事業。その中で、手軽に楽しめるものとしてゲームセンターがあります。ゲームセンターは大型商業施設内や主要ターミナル駅近くに店舗があることが多く、さまざまな非現実的な体験が可能です。

また、最近ではアプリを使用した遠隔でのオンラインクレーンゲーム(倉庫内に複数筐体を設置し、スタッフが巡回を行う)も多くなり、自宅にいながら景品を獲得できるといった、アミューズメントのデジタル化も進んでいます。そのようなクレーンゲームや、店舗内に設置されているアーケード筐体は電気と通信の両方で動いており、その際に使用されるハーネスを固定するために結束バンドや固定具(マウントベース)が使用されています。

稼働時間の長いクレーンゲームやアーケード筐体は、筐体内の温度が上がることで、熱がこもり不具合を起こすこともあり得ます。そのため定期的なメンテナンスが必要であり、基盤の修理やハーネス接続の確認作業も行います。ここでオススメ製品とされるのは、耐熱性に優れた結束バンドや固定具です。

今回は、結束バンドの中でアミューズメント施設での使用に優れた材質と固定具をご紹介します。

アミューズメント施設内で使用するおすすめ結束バンドの材質

結束バンドはさまざまな材質で作られており、材質により耐熱温度が異なります。ここからは、アミューズメント施設内のアーケード筐体で使用できる、耐熱温度が高い結束バンドの材質を耐熱温度別にご紹介します。

 

【85℃】ナイロン6.6

今回ご紹介する材質の中で最も耐熱温度が低いのは、ナイロン6.6で耐熱温度は85℃です。

結束バンドで最も使用されている材質であるナイロンは、複数の種類に分けられます。このうちナイロン6.6は、綿に比べると耐摩擦性は10倍の強度を持っており、さらに酸に対しては100倍の強度を持っています。

 

【85℃】耐候性ナイロン6.6

ナイロン6.6を使用した結束バンドを屋外で使用したい場合は、耐候性ナイロン6.6がおすすめです。耐候性ナイロン6.6は、太陽光や温度、雨、湿度など、自然環境に強い材質。そんな耐候性ナイロン6.6も、耐熱温度は通常のナイロンと変わらず85℃です。

 

【85℃】金属入りナイロン6.6

工場などで結束バンドを使用する場合には、金属入りナイロン6.6を使用した結束バンドが適しています。結束バンドに金属が入っているため、万が一結束バンドが取れたとしても金属探知機が感知して、異物混入を発見できるからです。金属入りナイロン6.6の耐熱温度も85℃です。

 

【85℃】耐候性ポリアセタール

ポリアセタール(デルリン)は、耐候性・強度・柔軟性・耐久性・耐摩耗性に優れた特殊樹脂です。そのため、屋外で使用しても耐候性があり、強度も非常に良いため、長期間利用し続けられます。耐候性ポリアセタールもナイロン6.6同様、耐熱温度は85℃です。

 

【90℃】耐候性ナイロン12

耐候性ナイロン12は屋外耐久性に優れています。結束バンドで使用されることの多いナイロン6.6に比べてさらに強度が高く、屋外耐久性はナイロン6.6の約10倍とも言われています。さらに、耐熱温度もナイロン6.6に比べると高く、耐候性ナイロン12の耐熱温度は90℃です。

 

【100℃】難燃性ナイロン6.6

難燃性に優れているナイロン6.6。さらに難燃性が高いのが難燃性ナイロン6.6です。

難燃性とは、有機化合物が炎に触れた際に燃焼に対して抵抗する性質のことを言います。難燃性ナイロンは炎に強く、耐熱性は通常のナイロン6.6よりも優れており、耐熱温度は100℃です。

 

【115℃】耐熱性ナイロン6.6

複数の種類があるナイロン6.6の中でも特に耐熱性に優れているのが耐熱性ナイロン6.6です。その耐熱性はナイロンの中でも最も高く、耐熱温度は115℃になっています。

 

【115℃】耐熱・耐候性ナイロン6.6

耐熱性に加えて耐候性にも優れている耐熱・耐候性ナイロン6.6は、真夏の屋外での使用にも適しています。耐熱温度は耐熱性ナイロン6.6と変わらず115℃です。

 

【115℃】ポリプロピレン

ナイロンとともに結束バンドに多く使用される材質がポリプロピレンです。

ポリプロピレンはナイロンよりも強度や耐熱性が高い材質で、より強度の高い結束バンドを使用したい場合に適しています。通常のナイロンよりも耐熱性に優れているポリプロピレンの耐熱温度は115℃です。

 

【115℃】耐候性ポリプロピレン

耐候性ポリプロピレンは高い耐熱性や強度に加え、耐候性にも優れているポリプロピレンです。耐熱温度は通常のポリプロピレンと変わらず115℃ですが、耐候性に優れているため屋外での使用に適しています。

 

【115℃】金属入りポリプロピレン

ポリプロピレンにも金属入りのタイプがあります。金属が入っていることで、工場などで異物混入に役立つポリプロピレンです。金属入りポリプロピレンの耐熱温度も115℃です。

 

【170℃】フッ素ポリマー(テフゼル)

ナイロンやポリプロピレンよりもさらに強度が高いのがフッ素ポリマー(テフゼル)です。

耐熱性や耐候性、耐薬品性に加え、マイナス80℃まで対応できる耐寒性にも優れており、さまざまな場面で利用できます。そんなフッ素ポリマーの耐熱温度は170℃です。

 

【260℃】PEEK(ポリエーテルエーテルケトン)

PEEKは、高温や薬品を使用する環境での利用に適しています。なぜなら、PEEKは特に耐熱性、耐薬品性、耐放射線性に優れているからです。特に耐薬品性については、濃硫酸などの一部の薬品を除いてあらゆる化学薬品に対応できます。PEEKは高い耐熱性も持っており、耐熱温度は260℃です。

結束バンドと一緒に使用するのにおすすめ固定具(マウントベース)

 

ダイナミックケーブルマネージャー(可動部配線用固定具)

結束バンドは丈夫な構造ではあるものの、配線場所によっては筐体の配電盤の扉に挟まって劣化しやすいです。

そこで、役立つアイテムが「ダイナミックケーブルマネージャー」です。ダイナミックケーブルマネージャーは、配電盤の開閉扉部分に使用します。そうすることで、ケーブルを配電盤の扉に挟まらないように配線することが可能です。

スーパーグリップ専用粘着テープ付き固定具(SGABM)

スーパーグリップ専用の固定具で、紙を剥がすだけで固定ができるので手軽に使用できます。

アクリル系粘着剤の粘着テープが付いた固定具で、耐熱性や耐候性、耐溶剤性に優れています。スーパーグリップ専用粘着テープ付き固定具を使用することで、好きな場所にケーブルを固定でき、また結束バンドのヘッドが束線から突出することを防ぐことが可能です。

まとめ

パンドウイットは、アミューズメント施設で使用できる優れた結束バンドや固定具を多数取り扱っております。ぜひ弊社の製品をご利用ください。

👉結束バンド商品一覧はこちら