More Meaningful Connections

知っとく&納得、結束のあれこれ #36
結束バンドはどうやってはずす?


ケーブルが増えた場合、不必要になった場合、あるいは位置をミスした場合など、結束バンドを解除しなければならないケースは珍しくありません。正しい結束バンドのはずし方について知っておきましょう。こちらでは、代表的な結束バンドの解除方法についてご案内します。
結束バンドはどうやってはずす?

構造を理解し結束バンドを緩める


結束バンドはストラップにある溝とロック部にある爪がかみ合って固定されます。つまり、爪と溝に隙間を作れば、結束を解除可能です。この機構を理解すれば、道具をうまく使って結束バンドを緩められます。ロック部の隙間に挿入できる細長い道具であればなんでも構いません。身近にある道具としてはマイナスドライバーや安全ピンなどが代表的でしょう。うまく爪と溝の間に挿入してかみ合っている状態を解除するとするすると緩んでいきます。

切断しなくても済む点がこの方法のメリットです。締め付け強度や結束の位置を調整したい場合などに役立つでしょう。結束を緩めるための専用工具もあります。

切断する


単に結束を解除したいだけであれば、結束バンドを切断する方法が最もシンプルです。一般的な結束バンドは十分なループ引張強度と単純引張強度を有していますが、刃物などによる切断には強くありません。はさみやカッター、ニッパなど家庭にある工具でも切断自体は可能です。

ただし、方法を誤るとケガをしてしまう恐れがあります。また、鋭利になった切断面で負傷してしまうことも少なくありません。安全に切断を行うためには、専用の切断工具を使用しましょう。大量に切断を行う場合は、作業効率の点からも専用工具を使用するのがおすすめです。

再利用タイプも便利


結束バンドを取り外して複数回使用することを想定している場合は、再利用可能なタイプがおすすめです。細かな機構はメーカーによって違いがありますが、多くの製品ではロック部の爪を操作すると簡単に結束を解除できます。ケーブルの数を増やす予定がある結束の仮止めなどで使用されるタイプです。

ただし、状態が悪くなってしまった製品の継続使用は推奨されていません。再使用する場合は、劣化が起きていないか都度確認してください。

***

結束バンドをはずす方法についてご案内しました。工具を使う際は、必ず安全に配慮してください。また、再利用する際には製品の状態を確認しましょう。長期的な継続使用で劣化している結束バンドは、再利用してもすぐに破断してしまう恐れがあります。