More Meaningful Connections

知っとく&納得、結束のあれこれ #14
配線ダクトに適応される規格「UL」「CSA」「CE」


工業製品には安全性や性能を証明する規格が適応されます。配線ダクトも例外ではありません。こちらでは配線ダクトの適応される規格の代表例として「UL規格」「CSA規格」「CEマーク」の3つをご紹介します。配線ダクトの導入を検討している方は、信頼できる製品を選ぶための参考資料としてお役立てください。
配線ダクトに適応される規格「UL」「CSA」「CE」

UL規格


UL規格は、「アメリカ保険業者安全試験所(Underwriters Laboratories Inc.)」認証を行っている安全規格です。認証機関のイニシャルから「UL」という名前が用いられています。材料や装置、部品や道具など、製品の機能や安全性を標準化することを目的に策定された規格です。とりわけアメリカにおいては、電気製品のほとんどは本規格の認証を受けています。配線ダクトに関しては、製品そのものや採用されている樹脂に認証される規格です。ULのホームページでは、全世界の認証例がデータベースで確認できます。

CSA規格


CSA規格はカナダにおける製品認証規格です。電気製品、医療機器、機械、器具などに適応されます。「The Canadian Standard Association」という組織が規格策定を行い、CSA Internationalが認証を担当しています。製品の安全性に関連する規格であり、カナダで流通している電気製品は原則としてこの規格の適合最製品です。上述したUL規格とは、相互承認協定(MRA)を結んでいます。そのため、CSA規格の認証を受けている製品は、UL規格適合品と同等の位置づけです。

CE規格


CEマークとは、欧州連合加盟国(EU)に製品を流通させるために必要な認証制度です。EUで対象製品を流通・販売する場合には、製品に対してCEマークを取得しなければなりません。EUに該当する国だけではなく、ECに製品を輸出する国も、この認証を受ける必要があります。マークを使用するためには、規格で定められた基準を満たしている証拠のテキスト化が求められます。配線ダクトをはじめ、医療機器、建築資材、ガス燃焼機器、玩具などさまざまな製品が本企画の対象です。

***

弊社では、各国への製品展開のため多くの認証を受けています。適合された認証の多さは、多角的に見ても信頼できる性能を有している事実の証拠です。ご紹介した規格は配線ダクトのほか多くの製品に適応されているため、製品選びの際には注目してみることをおすすめします。