More Meaningful Connections

知っとく&納得、結束のあれこれ #11
配線ダクトに使われる素材


弊社ではさまざまな状況に対応するため、また環境への配慮から複数の素材を配線ダ
クト用に導入しています。それぞれの特性には違いがあります。配線ダクトに使われ
ている4つの素材の概要と、特性をご紹介しましょう。
配線ダクトに使われる素材

変性PPHOX


ポリフェニレンオキサイドを変性させたものをダクトの材料として用いています。ハ
ロゲン元素を含有しておらず、燃焼しても塩素ガスは発生しません。その他、有毒ガ
スの発生がなく、環境に配慮された材質です。UL試験での燃焼性はUL94V-0であ
り、高い自己消火性を有しています。

変性PPO


上述した変性PPHOXと同様、ノンハロゲンの材質のため、燃焼時の塩素ガス発生
がありません。95℃の連続使用に耐えうる、UL燃焼性94-Vクラスの製品です。鉄道
車輛用材料燃焼試験を通過しています。また、一般的なPVCダクトより、20%程度
軽量となっているのも特徴です。

亀裂発生の可能性があるため、以下の物質を含む洗浄用溶剤の使用は推奨されていません。

・炭化水素

・エーテル

・石炭酸

・有機・無機・酸化剤

・ケトン

・ガソリン

・アミン

ポリプロピレン


ポリプロピレンは、プロピレンの混合した「熱可塑性樹脂」です。柔軟性に優れてい
ることが特徴であり、文房具、包装材料、自動車の部品などさまざまな用途で使用さ
れています。ダクトの素材としても、複雑で柔軟性が要求される設計の配線に適して
います。ノンハロゲンのため、燃焼しても塩素ガスが発生しません。UL燃焼試験の
クラスは94V-2です。

PVC


最も多くの配線ダクトに使用されているのがPVCです。「ビニール」や「塩ビ」な
どと呼称されることもあります。加工製に優れていることから、さまざまな用途で使
用されます。また、軟らかい製品から硬質な製品までカバーできるのも特徴です。
PVCが使用される軟らかい製品の代表例としては、衣類やバッグ類などがあげられ
ます。UL燃焼試験のクラスは94V-0です。人体と環境に有害な鉛を含んでいませ
ん。
                ***


4つの素材の特性についてご紹介しました。環境に応じて適切な素材を使用している
配線ダクトを選ばなければ、ダクト内のケーブルが損傷するような危険なトラブルが
発生しかねません。また、規模が大きな配線では、配線ダクトの再導入も大きな手間
になります。とりわけ高温環境での使用を想定している場合は、熱変性温度に注目し
て配線ダクトを選んでください。それぞれの素材が使用されている製品は、カタログ
でご確認いただけます。