光回線で使うべきLANケーブルはこれ!種類と選び方を伝授!|LANケーブルと結束バンドのことなら|パンドウイット

光回線で使うべきLANケーブルはこれ!種類と選び方を伝授!

※この記事は製品や技術にまつわるお役立ち情報=豆知識を意図しておりますことから、弊社製品以外の製品や市場一般に関する内容を含んでいることがあります

従来の回線よりもより高速通信が可能な光回線。近年、光回線が急速に普及しており、光回線に切り替える人も増えています。しかし、光回線に切り替えれば必ずしも通信速度が速くなるわけではなく、通信速度はLANケーブルの種類により変化します。

そこで今回は、光回線を利用している方向けに、LANケーブルの種類と選び方を解説します。

光回線の性能を活かすオススメのLANケーブル

LANケーブルには、Cat(カテゴリ)と呼ばれる通信規格があります。光回線の性能を活かすカテゴリはCat5e、Cat6、Cat6A、Cat7、Cat8です。数字が大きくなるほど通信速度も速くなりますが、価格も高くなるため利用用途に応じて使い分けることが大切です。

そこでここからは、光回線を利用している方にオススメのLANケーブルについて、それぞれのカテゴリの特徴とともに解説します。

 

Cat5e(カテゴリ5e)|コストパフォーマンスに優れている      

Cat5eは、光回線に対応しているLANケーブルの通信規格の中で最も安価です。コストパフォーマンスに優れ、通信速度も1Gbps「1000BASE-T」と高速通信に対応しているため、一般家庭での利用はもちろん、オフィスでの利用にも適しています。

 

Cat6(カテゴリ6)|インターネットを快適に利用したい方向け

Cat6の通信速度は1Gbps「1000BASE-T」です。通信速度を見るとCat5eと同じですが、Cat5eよりも最大周波数が大きいという特徴があります。周波数は、数値が大きくなるほどより多くのデータを転送できます。そのため、よりインターネットを快適に利用したい方向けの通信規格です。

 

Cat6A(カテゴリ6A)|動画コンテンツの利用に最適     

Cat6Aは、通信速度が10Gbps「10G-BASE-T」の通信規格です。一般家庭で利用するインターネットの通信速度としては十分な速度に対応しています。インターネットを日常的に利用するだけではなく、高速通信が必要となる動画を楽しみたい方や、リモートワークやオンライン会議などを利用する方に最適です。

 

Cat7(カテゴリ7)|オンラインゲームのプレイ向き        

Cat7は、通信速度が10Gbps「10G-BASE-T」の通信規格です。速度面もノイズ耐性も高く、少しのタイムラグが命取りとなるオンラインゲームをプレイしている方におすすめです。また、業務用サーバーとの接続にも適しており、オフィスでの利用にも活躍します。

 

Cat8(カテゴリ8)|最上位規格

Cat8は、現在発売されているカテゴリの中で最上位の規格であり、通信速度は40Gbps「40G-BASE-T」です。ノイズ耐性に優れ、高速かつ安定した通信が可能で、主に業務用として利用されています。最大通信速度も速く、インターネットを最も快適に利用できますが、その分価格も非常に高くなるため、一般家庭で利用されることはほぼありません。

LANケーブルを選ぶポイント

快適にインターネットを利用するためには、LANケーブルが重要です。LANケーブルを選ぶポイントは、通信規格以外にもケーブルのタイプや長さ、形などがあり、利用する環境にあわせて適切なLANケーブルを選ぶ必要があります。そこでここからは、回線面以外のLANケーブルを選ぶ際のポイントをご紹介します。

 

ルーター周りの環境

LANケーブルは配線しなければならないため、ルーター周りの環境に適したものを選ばなければなりません。なぜなら、無理に配線すると破損や断線の原因になり、最悪の場合火災を引き起こすこともあるからです。

ルーター周りの環境とは、例えばルーターとつなぐ距離や、曲げたりする必要があるのか、戸を閉める時に邪魔にならないかなどのことです。これらのルーター周りの環境を確認し、利用環境に適したものを選びましょう。

 

ケーブルのタイプ

LANケーブルには、UTPケーブル、STPケーブル、2重シールドケーブルの3タイプのケーブルがあります。それぞれの特徴は以下の通りです。

・UTPケーブル:ノイズ耐性は最も低いですが、安価なため一般家庭であれば十分です。

・STPケーブル:ノイズに強いことが特徴で、ネットワークが混戦する時も快適に利用できます。

・2重シールドケーブル:安定感と高速通信を重視したい方におすすめです。

このように、それぞれで特徴が大きく異なるため、利用用途に適したケーブルのタイプを選びましょう。

 

ケーブルの長さ

ケーブルの長さも選ぶ際のポイントです。

LANケーブルは、1m〜100mを超えるものまで幅広い長さのケーブルが売られています。ケーブルの長さによって、単線かヨリ線かを使い分けましょう。基本的にはケーブルの長さが10m以上は単線、5m以下ならヨリ線がおすすめです。

なお、単線とヨリ線とはLANケーブル内部の構造のことです。単線の方が上部で通信が安定しますが、折り曲げにくくケーブルの配線が長くなる環境には適していません。一方で、ヨリ線は曲げやすく配線環境を問わず利用できますが、単線に比べると通信速度が劣ります。

 

ケーブルの形

ケーブルの形も選ぶ際の重要なポイントです。LANケーブルには、フラットケーブルや巻取ケーブル、高屈曲ケーブル、屋外用ケーブルなど、形にも種類があります。どこを通すのか、持ち運ぶのか、配線は何本もあるのかなど、利用用途に合ったケーブルの形を選びましょう。

 

回線の速度         

LANケーブルは、契約している回線の速度に対応しているものを選ばなければ効果を発揮できません。契約している回線の最大通信速度と周波数帯を確認した上で、速度に対応しているLANケーブルを購入しましょう。

利用用途にあわせて最適なLANケーブルを選ぼう   

光回線を利用していても、LANケーブルが光回線の速度に対応していないと高速通信は不可能です。利用用途に合わせて最適なLANケーブルを選び、快適にインターネットを利用しましょう。

👉LANケーブル商品一覧はこちら